投稿者アーカイブ

【クロスレビュー】セイント・ヴィンセント at 大阪梅田クラブ・クアトロ

Pocket

セイント・ヴィンセント at 大阪梅田クラブ・クアトロ

セイント・ヴィンセント
2015年2月19日 at 大阪梅田クラブ・クアトロ

セイント・ヴィンセントの持つ2面性

70年代のハードロック・バンドのギタリストを思わせるリフと不規則なビートで独自の世界観を築いてきたアニー・クラークによるソロ・プロジェクト、セイント・ヴィンセント。00年代後半、トレンドの一つとなった街ブルックリンに拠点を置き、ヴァンパイア・ウィークエンドなどと共に頭角を現したシンガー・ソングライターだ。最新作『セイント・ヴィンセント』(2014)では第57回グラミー賞オルタナティヴ・ミュージック・アルバムを獲得するなど大きな成功を手にした。バイオグラフィーをいまさら書くこともないと思う方もいるだろう。しかし、関西圏では〈サマー・ソニック 2012〉以来で今回が初の単独公演であること。そして、普段神戸のCDショップで働いている私からすると、彼女が日本のメディアからの評価と同等の人気を獲得しているかと言われれば疑問が残る。実際、今回の公演でも満員とはならなかった。学生時代から彼女の音楽に触れてきた私としては、8年越しの初ライヴに感慨深いものがあったと同時に、関西でこういった音楽が手軽に享受できる状況はできまいかと思いを新たにした。と前置きが長くなってしまったが、ここからは彼女のライヴ・レポートに移りたいと思う。

続きを読む

【個人による3枚】ベストディスク2014

Pocket

【個人による3枚】ベストディスク2014

【個人による3枚】ベストディスク2014

【ki-ftレビュアーによる】関西音楽ベストディスク2014」に続き、「【個人による3枚】ベストディスク2014」を発表します。邦洋メジャーインディー問わず、2014年にリリースされた中から、印象に残ったおすすめのアルバム3枚を選んでもらいました。

続きを読む

ページ: 1 2 3

【ki-ftレビュアーによる】関西音楽ベストディスク2014

Pocket

関西音楽ベストディスク2014

関西音楽ベストディスク2014

音楽評論家として活躍する岡村詩野が講師を務める〈音楽ライター講座in京都〉の参加者で作る、関西拠点の音楽メディア/レビューサイト「キフト」を2014年6月にスタートし、半年が過ぎました。無料電子書籍『現代関西音楽帖』や当サイトでは“関西音楽”を中心にレビューやインタビューを行っていますが、「関西音楽ベストディスク2014」を発表します。関西を拠点とするアーティストやミュージシャン、近畿地方に縁のある音楽作品を講座生で選び、2014年を代表する10枚と、次点作品5枚をお届けします。

続きを読む

ページ: 1 2

【クロスレビュー】tofubeats『First Album』

Pocket

tofubeats: First Album

tofubeats
First Album (初回完全限定生産盤)
ワーナーミュージック・ジャパン, 2014年
BUY: Amazon CD, タワーレコード, iTunesで見る

帰り道のサウンドトラック

時計の針が夜の12時を回れば、神戸の街は静まり返る。仕事終わりはだいたいいつもこの時間だ。そして、いつも音楽を聴きながら帰る。本作はそんな私の帰り道のサウンドトラックだ。

市街局番078神戸在住のトラックメイカーtofubeats。メジャー1stアルバムとなる本作は、仕事終わりの何とも言い切れない複雑な感情を忘れさせてくれる。再生すると街が徐々に離れて行く情景と共に私も徐々に架空のディスコへとトリップしていく。「Poolside」や「ディスコの神様」、そして「朝が来るまで終わる事のないダンスを」、間にインストのダンストラックを挟みつつの「Don’t Stop The Music」まで、止まらぬディスコサウンドにここではない何処かに連れて行ってくれる。それはベースラインとドラムに揺られながら日々の煩悩を置いて行くようだ。

続きを読む

【クロスレビュー】LOSTAGE GUITAR TOUR 2014: 京都ライヴハウス磔磔

Pocket

LOSTAGE GUITAR TOUR 2014

2014年8月21日 at 京都磔磔
LOSTAGE GUITAR TOUR 2014
ゲスト:おとぎ話

言葉に、生活に寄り添う音楽を彼らは鳴らし続ける

夏も終わろうとしていた8月21日、磔磔ではLOSTAGEの新しいアルバム『Guitar』に伴ったツアー「LOSTAGE GUITAR TOUR 2014」が行われていた。ツアー2日目となる今日はおとぎ話を迎えての対バン。音楽性の違いから、この2組が対バンをすると聞いて驚く人もいるかもしれない。しかし、LOSTAGEとおとぎ話は過去に何度か対バンしており、お互いが認め合うほどに相思相愛である。そして、私は今日のライブを観たことで2組にある親和性を感じた。

続きを読む

【クロスレビュー】くるり: THE PIER

Pocket

2014年9月17日にビクターエンタテインメント(SPEEDSTAR RECORDS)からリリースされた、くるり『THE PIER』のクロスレビュー(複数人によるディスクレビュー)を掲載します。

続きを読む

【ライヴレビュー】なら音 2014

Pocket

〈なら音2014〉のタイムテーブル

なら音2014〉のタイムテーブル

奈良ネバーランドで開催される夏のイベント〈なら音(ならおん)〉。結成して数ヶ月の新人や、全国で活動しているベテラン勢もごちゃ混ぜの、県内で実力のあるアーティストが集結するこのフェスも2014年で8年目。ライヴハウスと、屋外の小さな特設ステージの2カ所ので行われ、屋台の出店、それらの設営、出演者のコメントムービーに至るまで、100%有志で運営しています。早耳リスナーの皆様には是非チェックしていただきたい地元密着型イベントを、地元在住ki-ftライターの視点から、クロスレビューで紹介します。

続きを読む

【ライヴレビュー】フジロック・フェスティバル 2014

Pocket

〈フジロック・フェスティバル 2014〉入場ゲート

〈フジロック・フェスティバル 2014〉入場ゲート

2014年7月25日から27日まで、新潟県苗場スキー場にて開催された〈フジロック・フェスティバル 2014〉のライヴレビューをクロスレビュー(複数名によるライヴレビュー)形式で掲載します。以下、イベントの詳細です。

公演名:フジロック・フェスティバル 2014
日時:2014年7月25日、26日、27日
場所:新潟県湯沢町三国202 苗場スキー場
出演:フランツ・フェルディナンド、ワイルド・ビースツ、ボンベイ・バイシクル・クラブ、ジャングル、ディスクロージャー、ウルフルズ、ザ・ルミニアーズ、アーケイド・ファイア、ザ・ルースターズ、ジャック・ジョンソン、ザ・フレーミング・リップスほか

続きを読む

見放題2014: ライヴ・クロスレビュー

Pocket

見放題2014ウェブサイトより

見放題2014ウェブサイトより

2014年7月5日に大阪アメリカ村周辺のライブハウス、カフェ、イベントスペースで開催された街中ロックフェスティバル〈見放題2014〉のクロスレビュー(複数名によるライヴレビュー)を掲載します。以下、イベントの詳細です。

公演名:見放題2014(みほうだい にせんじゅうよん)
日時:2014年7月5日 12時オープン、13時スタート、22時終演
場所:BIGCAT、OSAKA MUSE、Pangeaなど大阪ミナミ周辺のライブハウス
出演:QOOLAND、ジラフポット、リバ-シブル吉岡、ENTHRALLS、THE MAN、金 佑龍と京都界隈、THE ORAL CIGARETTES、HAPPY、Lyu:Lyu、Suck a Stew Dry、Shiggy Jr.、ふぇのたす、花泥棒、宇宙コンビニ、GOING UNDER GROUND、GOOD WARP、楽団 象のダンス、夜の本気ダンス、最終少女ひかさ、(M)otocompoほか120組

続きを読む

ページ: 1 2

キツネの嫁入りpresents 第四回スキマアワー「学校では教わらなかった音楽」

Pocket

キツネの嫁入りpresents 第四回スキマアワー「学校では教わらなかった音楽」

キツネの嫁入りpresents 第四回スキマアワー「学校では教わらなかった音楽」
photo by 井上嘉和

2014年4月13日に京都木屋町の元・立誠小学校で開催された、キツネの嫁入りpresents 第四回スキマアワー「学校では教わらなかった音楽」のクロスレビュー(複数名によるライヴレビュー)を掲載します。以下、イベントの詳細です。

日時:2014年4月13日 13時オープン、14時スタート
場所:京都木屋町 元・立誠小学校
出演:THA BLUE HERB、テニスコーツ、Ropes、キツネの嫁入り、金 佑龍(キム ウリョン)、dry river string
Food:木屋町アバンギルド
出店:岡村詩野、100000tアローントコ、3みっつ、狐ノ嫁入自由市場

続きを読む

ページ: 1 2 3 4