投稿者アーカイブ

BADBADNOTGOOD Japan Tour 大阪: at 東心斎橋CONPASS: バッドバッドノットグッド

Pocket

BADBADNOTGOOD: III

2014年6月25日
BADBADNOTGOOD Japan Tour
at 東心斎橋CONPASS
BADBADNOTGOOD
BUY: Amazon CD, iTunes

「Osaka! Are you Ready!!」
「Yeah!!」
「Osaka!! Are you F**k’n Ready!!!!!」
「Yeah!!!!!」
「1! 2! 3! 4!」
のカウントで鳴らされるカオティックなサウンドと共に、前方ではモッシュが、そして発狂にも似た歓声が会場に木霊する。

大阪は東心斎橋CONPASSで行われたトロントの3人組バッドバッドノットグッドの初来日公演の一コマだ。アレックス・ソウィンスキー(Dr)、マット・タヴァレス(Key)、チェスター・ハンセン(B)の3人からなるマッドでオッドでホットな新世代ジャズ・トリオだ。温故知新系レーベルとして注目を集めているInnovative Leisureが契約しただけあり、彼らもジャズがベースにありつつも、ヒップホップを通過した尖ったサウンドで注目を集めている。この日の枠に収まらない衝動に満ちたパフォーマンスは、そんなレーベルカラーを体現していたように思う。

続きを読む

コールドプレイ: ゴースト・ストーリーズ

Pocket

コールドプレイ: ゴースト・ストーリーズ

Coldplay
Ghost Stories
Parlophone/ワーナーミュージック・ジャパン, 2014年
BUY: Amazon CD & MP3, iTunes

「Always In My Head」で弾かれているギターのアルペジオや「Ink」でのアコースティックギターの使い方、「O」で魅せる寂しげなピアノの旋律など、彼ららしい音の断片が至る所に顔を覗かせる。しかし、ここで鳴らされているサウンドは、前2作までの彼らとは似て非なるものだ。その根幹となっているのがドラムだ。本作では時に電子ドラムを用い、ミニマルなものへ変化している。彼らは意識的にダイナミズムを削りつつも、「Magic」など全体の音のバランスとして、これまでに無い程ドラムを強調することで、メリハリのあるサウンドを獲得した。それは、本作のプロデューサーであるポール・エプワースが手がけてきた音像を想起させる。その脳裏に焼きつく乾いたペタペタと鳴るドラムを軸に、ギターやシンセで彩りを加えていく。その様は夜空に浮かび上がる星のようである。

続きを読む

SZA: Z

Pocket

SZA: Z

SZA
Z
Top Dawg Entertainment, 2014年
BUY: Amazon MP3, iTunes

いまヒップホップシーン最大のアイコンとも言われるケンドリック・ラマー擁するTop Dawg Entertaiment。快進撃を続けるレーベルが初めて契約した女性アクトでありシンガーがSZAだ。米メディアComplexが今年の注目新人に選出するなど、その注目度は高い。そんな彼女が磐石の後ろ盾を得て発表した1stアルバムが本作だ。

続きを読む

Brainfeeder 4: at 新木場ageha: Seiho, フライング・ロータス

Pocket

Seiho: ABSTRAKTSEX

2014年5月23日
Brainfeeder 4
at 新木場ageha
Seiho, フライング・ロータス
BUY: Amazon CD

ブレインフィーダーのライヴシリーズも今回で4回目。場所を新木場agehaに移し、レーベルの総帥フライング・ロータスをはじめサンダーキャットなど史上最大のスケールで開催された。特にフライング・ロータスのパフォーマンスは、桁違いであった。錯視の効果を用いて3Dの映像を作り出し宇宙のビッグバンを思わせるステージは圧巻の一言に尽きる。そんなパーティーの最後を飾ったのが関西拠点のレーベルDay Tripperの主宰Seihoだ。

続きを読む

BOOTS: WinterSpringSummerFall

Pocket

Boots: WinterSpringSummerFall

BOOTS
WinterSpringSummerFall
自主制作, 2014年
DOWNLOAD: SoundCloud

2013年暮れ、突如リリースされたビヨンセの5作目『ビヨンセ』は、彼女の復活を高らかに告げセールスと批評の両面で大絶賛を浴びた。そのプロデューサーとして作品に深く関わった影の立役者が本稿で紹介するBootsことJordan Asherである。彼はこれまでいくつかの音楽活動をしてきたが無名であった。しかし、昨年突如BootsとしてRocnationと契約。その後EP「Dust」をフリーで公開、本作はその収録曲を含む全16曲で構成された彼の1stアルバムである。

続きを読む