投稿者アーカイブ

【四国の音楽シーン大調査!】ライヴハウス、レーベル経営者から見る四国の音楽

Pocket

香川県高松市のレコードショップ兼ライヴハウスTOONICE

香川県高松市のレコードショップ兼ライヴハウスTOONICE

四国の音楽シーンを大調査! 第一弾はAAT、cowbells、forget me not、ITHAQUA、NNO、Off-end、Spiral Esparzaといったバンドでドラマーとして活動しながら、香川県高松市でImpulse records、TooNiceというレーベル、そしてレコードショップ兼ライヴハウスTOONICEを運営されている井川晃里さんにお話を伺ってきました! ご自身の活動から四国の音楽シーンまで幅広く語って頂いています。

続きを読む

ページ: 1 2 3

【ライヴレビュー】巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉at 東心斎橋CONPASS

Pocket

巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉

巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉
2015年1月12日at 東心斎橋CONPASS
LIVE: fox capture plan, toconoma
GUEST LIVE: psybava

渋谷にあるライヴハウス、渋谷PLUGの店長である青木氏主催のこのイベント。インストバンド3組が集まり、振り袖姿の人を街でちらほら見かける成人の日、開催された。

ミラーボールの光がフロアをきらきら照らし、爆音でBGMが流れている。そんな中、一番手で登場したのはpsybava。2005年に兵庫県川西市で結成され、5人で編成されたインストバンドである。ラテン、ジャズ、さらにレゲエまで感じさせる曲も。トランペットの音色がより演奏を感動的にさせる。まるでアフリカのサバンナの夕暮れを見ているような感動的で壮大なステージに、psybavaの演奏が終わった時点で、すでにこのライヴを観に来てよかったと思えた。

続きを読む

【メンフィス留学記】音楽が鳴り止まない通り「Beale St.」、スティービー・ワンダーのライヴ

Pocket

Beale St.の案内板

Beale St.の案内板

10月11日、12日に一泊二日で、ルームメイトの韓国人の子とメンフィスへ行ってきた。住んでいるアパートの近くから、アメリカで大手のバス会社らしいmegabusに乗る。朝から雨でその日のバスは到着が30分も遅れてしまった。これがアメリカらしさか……。

続きを読む

ページ: 1 2

【メンフィス留学記】アメリカの大型チェーンCD&DVDショップ「f.y.e.」と、音楽に満ちた「メンフィス国際空港」

Pocket

メンフィス国際空港「Welcome to Menphis」

メンフィス国際空港に着くと「Welcome to Menphis」とB.B.Kingが弾くセミ・アコースティック・ギターのイラストが出迎えてくれる。

今回はアメリカの大型チェーンCD&DVDショップ「f.y.e.」とメンフィス国際空港を紹介します。特にメンフィス国際空港はエピフォン・ギターのファンで、ブルース・ミュージックを愛聴しているのであれば、大変おすすめです。写真を数枚撮影したので、アメリカの雰囲気が届いたら幸いです。

続きを読む

【メンフィス留学記】国立公民権博物館から知る、黒人差別とブルース・ミュージック

Pocket

メンフィス国立公民権博物館の306号室前にはキング牧師へのリース

メンフィス国立公民権博物館の306号室前にはキング牧師へのリースが飾られている

アメリカテネシー州メンフィスにある国立公民権博物館は、モーテルを改装して作られた博物館。モーテル(Lorraine Motel)はアフリカ系アメリカ人公民権運動の指導者である、マーチン・ルーサー・キング牧師が暗殺された現場である。博物館には、黒人差別の歴史、公民権運動の歴史が時代を追って展示されている。

続きを読む

andymori: ワンマンライヴ「ひこうき雲と夏の音」: at 大阪城野外音楽堂

Pocket

andymori: ANDYSHANTY

andymori
ANDYSHANTY(ライブアルバム)
SPACE SHOWER MUSIC, 2013年
BUY: Amazon CD, iTunes Music Store

遂に、遂に来てしまったandymori最後の大阪ワンマン。解散が発表されたものの、小山田壮平(Vo,G)の負傷のため、ツアーや武道館が公演中止となり早一年。長かったけど、あっという間だった気もする。この1年、ずっと待ちわびたアンディのライヴだったが、いざ当日の朝になると、時間が止まって欲しいと思った。

満員の大阪城野外音楽堂。セミの鳴く、まだまだ暑い夕方5時。SEが流れ、メンバーが登場。完全復活を表現するかのように、小山田は拳を天高く上げ、飛び跳ねながらステージへ出てきた。そうだ、この元気そうな姿が見たかった。この3人をずっと見たかった。

続きを読む