投稿者アーカイブ

【レビュー】none but air [at the vanishing point]『S.T.』

Pocket

none but air [at the vanishing point]『S.T.』

none but air [at the vanishing point]
S.T.
Further Platonic Records, 2015年
BUY: タワーレコード

どうでもいい話だが、私は高校時代から森博嗣の小説を愛読していて、講演会の為だけに名古屋大学の学園祭に行くほど傾倒していた。にもかかわらず、バンド名が『スカイ・クロラ』シリーズの『ナ・バ・テア』(の英語表記)に由来することに、長い間気付かなかった。自己嫌悪が止まらない私のことはさておき。京都の激情ハードコア・バンドnone but air [at the vanishing point]のセルフ・タイトルEPからは、その名の由来と同じ空気感を感じた。

続きを読む

【ライヴレビュー】CHIODOS JAPAN TOUR 2015 at 大阪心斎橋OSAKA MUSE

Pocket

CHIODOS JAPAN TOUR 2015 at 大阪心斎橋OSAKA MUSE

CHIODOS JAPAN TOUR 2015
2015年2月8日 at 大阪心斎橋OSAKA MUSE

Craigにはどこまでもドキドキさせられる。鬼気迫る表情で歌い終えた途端にハニかむのがいちいち可愛い。大柄な30男だが男性でもそう思ったと断言しよう。ただ勿論そんな話だけじゃない。

2000年代スクリーモ/ポスト・ハードコア・シーンの一翼を担ったミシガンの6人組Chiodos(チオドス)。これを圧倒的なカリスマ性で率いたのがCraig Owens(Vo)だ。曲構成の変態さが際立つ1st、妖しく演劇的な2ndで人気は盤石に。しかしなんと、カリスマは強制脱退させられる。共倒れではと危ぶまれる中、Craigはエモ界隈の猛者を集めDestroy Rebuild Until God Shows(以下D.R.U.G.S.)を結成したが、2012年に復帰。ファンは大いに歓迎した。

続きを読む

【レビュー】Vampillia『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』

Pocket

Vampillia『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』

Vampillia
my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness
Virgin Babylon Records, 2014年
BUY: Amazon CD, タワーレコード, iTunesで見る

清廉さと禍々しさとが行き来するところに美しさを感じる。そんな美意識を仮定し、私は勝手に共感している。大阪の10人(?)編成“ブルータル・オーケストラ”Vampillia。初めてライヴを観た際すぐに音源を求めたが、演奏された曲が全く製品化されておらず愕然としたもの。アルセストの招聘をはじめ、魅力的な企画を多々開催してくれたおかげで、私はこの2・3年、彼らを観る機会に何度も恵まれた。その間ずっと演奏されていた曲が、やっと手元に。

続きを読む

【ライヴレビュー】LOSTAGE GUITAR TOUR 2014: at 大阪十三FANDANGO

Pocket

LOSTAGE GUITAR TOUR 2014: at 大阪十三FANDANGO

2014年9月18日: at 大阪十三FANDANGO
LOSTAGE GUITAR TOUR 2014

いつからこんなに歌詞が聴き取れるようになったのかな、なんてことを『GUITAR』を聴きながら思った。3人になった頃の変化が如実なのか。ただそれ以前からも、徐々にヴォーカルが”楽器の中の一つ”という体裁ではない鮮明さを得ていたようにも思う。

続きを読む

EMPEROR JAPAN TOUR 2014『In the Nightside Eclipse』20th ANNIVERSARY: 大阪梅田クラブクアトロ

Pocket

EMPEROR JAPAN TOUR 2014『In the Nightside Eclipse』20th ANNIVERSARY

2014年7月18日 at 大阪梅田クラブクアトロ
EMPEROR JAPAN TOUR 2014『In the Nightside Eclipse』20th ANNIVERSARY
Guest: SIGH

滞りなく行われた東京公演の翌日。ぎっしりと真っ黒の観客で埋まった梅田クラブクアトロは、主役を待つ熱気で満たされていた。そんな中告げられた、サモス(G)の体調不良による不参加。どよめきが起こる。私もなんだか軽く眩暈がした。

続きを読む

Nothing More: Nothing More

Pocket

Nothing More: Nothing More

Nothing More
Nothing More
Eleven Seven Music, 2014年(輸入盤)
BUY: Amazon CD, iTunes Music Store

試聴機で聴いて買うと(知らないバンドならば特に)正直失敗もある。しかし偶然の出会いこそ店で音楽を探す醍醐味だし、お気に入りに出会えた喜びも大きいもの。

米・サンアントニオの4人組、Nothing Moreのセルフタイトル作は、神秘的なプログラミングから苛烈なドラミングへつながる「Ocean Floor」~「This Is The Time[Ballast]」で幕を開ける。自己紹介には十分なインパクトと高いテンションでグッと掴まれてしまった。ジャンルをあてるならばプログレ風味のモダンヘヴィネスか。ぐいぐい引っ張るリズム隊や、空間的にも攻撃的にも働くギターも良いのだが、特筆すべきは情感溢れるJonny Hawkins(Vo)の歌唱力。「If I Were」など中盤以降のミディアムバラードはマイルス・ケネディを思い出すような、そんなスケールの大きさだ。もう涙腺を刺激するエモーショナルさで迫ってくる。アルバムとしても1・6曲目とラストにインストに近い曲を配し、纏まりと奥行きが感じられる。波の音で始まり燃える木の音で終わる最終曲「Pyre」は一気に聴き通した後に不思議な余韻を残してくれる。

続きを読む

EARTH JAPAN TOUR 2014 大阪: at 東心斎橋CONPASS: アース, 山本精一ユニット

Pocket

EARTH JAPAN TOUR 2014 大阪:チケット

2014年6月4日
EARTH JAPAN TOUR 2014 at 東心斎橋CONPASS
Live: EARTH, 山本精一ユニット

“奇跡”の初来日からわずか2年。短期間での再来日実現は嬉しい驚きだった。グランジの辺境でドローン・ドゥームの道を拓き、後続のサン O)))やBorisへの影響が有名なアース。大阪公演では山本精一との素晴らしい組合せとなった。

続きを読む

Animals As Leaders: The Joy of Motion

Pocket

Animals As Leaders: The Joy of Motion

Animals As Leaders
The Joy of Motion
SUMERIAN RECORDS, 2014年(輸入盤)
BUY: Amazon CD

今回も期待通りの変態ぶり。当たり前だけれど、褒め言葉だ。ただ今作は、インスト・プログレッシブ・メタルにピンとこない人にも聴いてもらえるかもしれない、と思える仕上がりになっている。

Animals As Leaders(以下AAL)はギタリストTosin Abasiのソロプロジェクトから生まれた、ワシントンD.C.を拠点に活動するバンド。8弦ギター×2+ドラムという編成も珍しいが、何よりその楽曲の特異性で、シーンの中でも既に影響力を持つ存在だ。音楽学校で学んだというジャズをはじめ、エイフェックス・ツインやスクエア・プッシャー等のIDM、ザ・デリンジャー・エスケイプ・プラン等のカオティック・ハードコア、他にも多岐にわたるジャンルの音楽を好んで聴いたというTosin。AALの楽曲の肝は、影響を受けた音楽の要素がクラシックなプログメタルに大胆に加えられ、更にそれらが古臭くないセンスで纏められているということ。このバランス感覚が絶妙なのだ。

続きを読む

シェヴェル: La Gárgola

Pocket

Chevelle: La Gárgola

Chevelle
La Gárgola
Epic Records, 2014年(輸入盤)
BUY: Amazon CD

シェヴェルはアメリカ、イリノイ州で1995年に結成されたオルタナティブ・メタルバンド。当初はPete(Vo/G)、Sam(Dr)、Joe(B)のLoeffler3兄弟で活動していたが、2005年のJoe脱退以降はDean Bernardini(因みに義理の兄弟)がベースを担当している。正直、コアなヘヴィロックリスナーしか知らないかもと思える程、日本での知名度は無い。だが実は本国では、2nd『ワンダー・ホワッツ・ネクスト』(2002年)でプラチナディスク獲得以降、実績・評価ともに確たる地位を築いている。

続きを読む