投稿者アーカイブ

【インタビュー】キツネの嫁入りマドナシが語る〈第6回スキマアワー〉

Pocket

キツネの嫁入り主宰〈第6回スキマアワー〉

キツネの嫁入り主宰〈第6回スキマアワー〉

とにかくヴァリエイションが必要。政治でも音楽でも、個人の趣味指向でも。とりわけここ数年、そう痛感することがあまりにも多い日が続く。色々な音楽がもっとあっていい。色々な考え方の人がもっといてもいい。もちろん、好みは分かれるだろう。だが、それは尊重し合えればいいだけの話。ヴァリエイションは多ければ多いほど面白い。もちろん、その中からどれを選ぶのかは、あなた自身の感覚に委ねられているわけだが、それに応えてくれるだけの優れたヴァリエイション=選択肢も実はちゃんとあることを覚えていてほしいと思う。

京都でそんなヴァリエイションを実感させてくれる店、場所、イベント、レーベルは少なくないが、『スキマアワー』『スキマ産業』という自主企画を定期的に開催しているキツネの嫁入りというバンドも、その大事な“選択肢”の一つを提供している重要な存在だ。そのヴォーカル・スタイルもイビツな楽曲や演奏もひたすらアクが強いが、しかし、今年結成10周年を迎えた彼らが、ライフワークのように手弁当で企画するイベントだからこそ個性がハッキリしていて信頼ができる。だからこそ面白い。発信者の息吹が強く感じられるから、参加していても手応えが存分に感じられる。優れた企画とはそもそもこうしたものだ。

しかも、『スキマアワー』は徹底して敷居が低い。出演アーティストも、例えば今年ならUAや高野寛といった代表曲を多く持っている全国区での人気アーティストから、海外のアーティストとも交流が深いトクマルシューゴ、あるいは奈良の五味岳久(LOSTAGE)や地元京都の中村佳穂、そして開催バンドであるキツネの嫁入りまで、6組と絞り込んだにしてはこれまたヴァリエイションたっぷり。家族揃っての参加でも楽しめるアットホームな飲食、雑貨の出店の数々も豊富だし、チケット代も良心的だ。

8月6日(土)に開催されるそんな『第6回スキマアワー』は初めて京都精華大学に会場を移す。屋内の《アゴラホール》と屋外の《水上ステージ》の二ヶ所で6アーティストが交互に演奏するだけではなく、子供たちが安心してくつろげる屋内のキッズ・スペースやミスト・シャワーの用意など、暑い盛りの気候に配慮した準備も過去になく入念だ。もちろん、会場へのアクセスも万端。詳細は公式サイトを見ていただくとして、直前に迫った今年の『スキマアワー』の内容とかける思い、さらには京都で活動する中で、今できること、リスナーに体験してほしいことなどを、主催者・キツネの嫁入りのリーダーであるマドナシに語ってもらったのでお届けしたい。(聞き手:(岡村 詩野))

続きを読む