カテゴリー : Column

【コラム】シカゴ・ヒップホップ・シーンを考える

Pocket

【コラム】シカゴ・ヒップホップ・シーンを考える

【コラム】シカゴ・ヒップホップ・シーンを考える

南部から北部へ~グレート・マイグレーションがもたらしたモノ~

私はいま神戸のCDショップでスタッフとして働いており、何か面白い音源はないだろうかと探すのが日課となっている。その中でシカゴがシラクと呼ばれていることを発見した。シラクとは、毎日誰かが銃による犯罪で命を落としている同地を戦争中のイラクと変わらぬほど危険な街という意味でシカゴ+イラク=シラクということだ。そんなシカゴの状況を変えたいという思いは、シカゴの黒人居住区チャタムで育った一人のラッパーも同じだったようだ。彼の名は、チャンセラー・ベネット。チャンス・ザ・ラッパーとしてヒップホップ・シーンに留まらずマドンナやスクリレックスとコラボするなど、いま1stアルバムが待たれている大注目の新人だ。彼は父親が始めたソーシャル・メディア・キャンペーン“Memorial Day Weekend”という通称“#savechicago”と呼ばれる木曜日から土曜日の夜までの42時間銃による犯罪をゼロにするという活動に力を貸した。それが称えられ2014年11月9日、シカゴ市長ラーム・エマニュエルからその年のイリノイ州で最も社会貢献を果たした若者に贈られる「Outstanding Youth Of The Year」を受賞した。このニュースは音楽の持つ力と文化を考えさせるきっかけを作ってくれた。そこから私はシカゴの街とこの街が育んできた音楽の関係を黒人文化の歴史という視点から紐解いてみたくなった。なので『シカゴ・ヒップホップ・シーンを考える』と題したこの連載コラムを使い、仕事の合間をぬって日々調べているヒップホップの特にシカゴについての発表の場としたい。その第一段階として、まず南部で生まれたルーツ・ミュージック(ブルースはミシシッピ、ジャズはニュー・オリンズ、カントリーはアパラチア山地)が、どのように北部へ伝わっていったのか。特にシカゴへどう伝わったのかを紐解いてみたい。

続きを読む

【コラム】30回目の祝春一番、GWにホンモノの風を吹かせる

Pocket

祝春一番2015

祝春一番2015

今年関西地方では春一番が吹かなかったらしい。そういえばニュースやってなかったなと思いながら早めの桜の開花と、ぶり返す寒さ、いつも違った春の匂いを感じている。しかし吹き付ける“春ですよ”の合図があろうがなかろうが、大阪では毎年ゴールデンウィークになれば風物詩的に〈春一番〉を体いっぱいに味わうことが出来る。祝春一番コンサート、まだ日本に大規模なロックコンサートなど数少なかった1971年の初回開催以来、44年に渡るシリーズイベントである。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】4. ピース

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】4. ピース

少しさかのぼるけど、ホステス・クラブ・ウィークエンダーでベル・アンド・セバスチャンのライヴを見た。春の日の公園を散歩しているようなほほえましい空気も、恋しているときのような高鳴りも両方ある、手をつないだ若い男女がゆっくり年月をかけて老夫婦になっていく様を見ているような素晴らしいライヴだった。ベスト・アルバム的な新旧織り交ぜた選曲だったこともそう感じた原因かもしれない。

続きを読む

【コラム】デヴィッド・バーンも認める才能とダーティー・プロジェクターズの天使が競演!

Pocket

Nicholas Krgovich

Nicholas Krgovich

LAKEなどKレーベル所属ミュージシャンを始め良質な海外インディーの日本盤リリース、来日ツアーを行う7e.p.が7か月ぶり、2015年最初の招聘ツアーを4月に行う。

続きを読む

【コラム】名古屋と関西ライヴ決定!穂高亜希子 with 熊坂るつこ『みずいろ』発売記念、その先へツアー

Pocket

穂高亜希子

穂高亜希子

F.M.N. SOUND FACTORYからセカンド・アルバム『みずいろ』をリリースした穂高亜希子が2015年4月、待望の関西ツアーを行う。ツアー中日4月18日(土)は京都の喫茶ゆすらごで単独公演(ワンマンはここ一カ所!)、旧民家を改装した、まさにアットホームな空間。穂高の優しく芯の通った歌とギター、それに寄り添う熊坂るつこのアコーディオンをたっぷりと堪能できる。私は『みずいろ』を聴くと、胸が締め付けられ鼓動が速まる、涙が出る。「真っ暗なところからトンネルを抜けたときに見えた空、みたいな感じを表現したかった」と本作リリース時のインタビューで穂高は語っているが、その感覚は繰り返し聴くごとに強まるばかりだ。

続きを読む

【コラム】BELONGが関西期待の若手を集めた初イベント〈Make It Scene Vol.1〉を開催!

Pocket

Roots Rock MediaをコンセプトにフリーマガジンとWebを連動させた音楽メディア『BELONG』

Roots Rock MediaをコンセプトにフリーマガジンとWebを連動させた音楽メディア『BELONG』

「シーンを作る!」だなんて、そんな思い切りのいいこと一度は言ってみたい。時代が動く瞬間ほどエキサイティングなものはないから。音楽でも演劇でもスポーツでも、どんな表現分野、エンターティメントであれ同じ。

〈Make It Scene Vol.1〉。関西発のフリー・ペーパー/ウェブ・マガジン『BELONG』が2015年5月23日(土)LIVE SPACE CONPASSにて開催するイベントのことだ。これまでHAPPY、The fin.といった関西発の新鋭をいち早く紹介するだけでなく、Yogee New WavesやFor Tracy Hydeといった関東のニューカマーもピック・アップしてきた『BELONG』は、自らを“ルーツ・ロック・メディア”と名乗るように、現行ミュージシャンだけでなく、ルーツとなった過去の優れた音楽にも熱い視線を注ぎ続けている。時代・国にとらわれず、よい音楽はよい! 全てが並列になった今だからこその、まさに温故知新なポスト・インターネット時代のメディアだ。

続きを読む

【コラム】〈第三回 京都レコード祭り〉開催決定! 名物店主もやってきます。

Pocket

第三回 京都レコード祭り

第三回 京都レコード祭り

2015年も〈レコード・ストア・デイ〉の開催が決定しているが(今年は4月18日)、その翌月、5月16日(土)、17日(日)にかけては〈第三回 京都レコード祭り〉も開催される。『100000t アローントコ』、『ART ROCK NO.1』といった京都市の人気中古レコード・ショップの店主らの呼びかけによる独自の催しだ。

続きを読む

【コラム】〈京音 -KYOTO- Vol.01〉 Homecomings, DENIMS, she said, Seuss

Pocket

homecomings

〈京音(きょうと) -KYOTO- Vol.01〉に出演するhomecomings

京都に限らず学生は金が無いが、暇は余りある。限りあるお金で多くのライヴに行きたい。一方、バンドマンは金も無ければバイトで暇も無い。限りある時間だから有意義なイベントに出たい。そんな双方の希望をマッチさせる格好のライヴ・イベントが立ち上がったので紹介する。

その名もずばり〈京音 -KYOTO-〉。このイベントは事前申し込み制で入場無料、ドリンク代500円のみ! 記念すべき第1回は2015年4月22日(水)に京都METROで開催される。気になる出演者は、今や全国区の存在となったガール・ヴォーカルの和製ジャングリー・ポップHomecomingsを始め、大阪が誇る最高のパーティー・バンドDENIMS、京都のトゥイー・ガール・ポップshe said、どこか懐かしくとろけるような京都のサイケデリアSeussと期待の若手が名を連ねている。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】3. 冷え性

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】3. 冷え性

大学に入ったぐらいのころから冷え性がひどい。それ以前と比べて冬場の手足の先が冷えて仕方なくなった。もちろんあったかくしていれば普段と変わらないのだけど、それ以外のときは常に手足を氷水につっこんでいるような感じだ。そのせいで冬はぐんと出不精になってしまう。さらに、京都の冬は寒かった。盆地ゆえ夏は暑く冬は寒い、字面で見るといまいちぴんとこないが実際は修行かと思うぐらいにきつく、ひたすら耐え忍ぶ日々に冬眠する動物がうらやましかった。

続きを読む

【コラム】ティーンエイジ・ファンクラブとベル・アンド・セバスチャン – 先輩の仕打ちと下心が僕をグラスゴーへと誘ったのだ!

Pocket

Teenage Fanclub『GRAND PRIX』

Teenage Fanclub
GRAND PRIX
MCAビクター/Creation, 1995年
BUY: Amazon CD, タワーレコード

音楽評論家・岡村詩野が講師を務める「音楽ライター講座in京都」は2012年にスタートし、第三期を迎えました。2015年はテーマを設け、課題に取り組んでいます。1月から4月にかけて、『ローカルシーンを考察する』と題し、地域音楽について掘り下げながら、講義を進めている最中です。

2月15日は「英国グラスゴーやエジンバラなどスコットランド周辺の音楽シーンについて」という内容です。僕をはじめとする30代以上の方はもちろん、20代の洋楽リスナーやミュージシャンたちは、何かしらの影響を受けているのではないでしょうか。本コラムでは、講座で触れるであろうティーンエイジ・ファンクラブとベル・アンド・セバスチャンについて、「先輩の仕打ちと下心が僕をグラスゴーへと誘ったのだ」という理由を解説しつつ、少しだけ紐解いていきたいと思います。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

大きく間隔が空いてしまった。かくかくしかじかで、どうしても更新できないなと感じていたためなのだが、理由については割愛!(すいません)

そうこうしている間に2014年は過ぎた。たくさん素敵な音楽が生まれた1年だったと思うのだけど、自分がその中にいれなかったことが何よりくやしく歯がゆい1年間だった。すごく前向きに捉えれば、バンドやりてえ! という根源的な気持ちに改めて触れることができたのかもだけど。義務みたいなものがバンドやる理由になるのはちょっと違うかなと思うし、2015年は楽しいこと・やりたいことをたくさんやれたらいいなーと思う。

続きを読む

【コラム】名古屋栄、矢場町のフリー・スペース「spazio rita(スパジオ・リタ)」

Pocket

名古屋栄、矢場町のフリー・スペース「spazio rita(スパジオ・リタ)」でのApple Lightによるライヴ

名古屋栄、矢場町のフリー・スペース「spazio rita(スパジオ・リタ)」でのApple Lightによるライヴ

京都から新幹線でわずか30分、名古屋においてもインディー・ミュージシャンの親密なコミュニティーが形成されている。近年新たにtigerMossukida dramasCRUNCHHUSH、トゥラリカ、MILKジョセフ・アルフ・ポルカとその後輩バンドであるムーンといった具合に個性的なアクトが現れてきている。鶴舞K.Djaponのようなおなじみの箱に加え、飲み屋にPA機材を備え付けた新栄きてみてや、雑貨屋2階を活用した大須サイノメのような手頃なライヴ・ヴェニューが増えている点も京都と似ている。

特に本稿では、栄に新しくできたspazio ritaについてふれたい。地下鉄矢場町から徒歩5分、ビル地下で天井の高い、白を基調にすっきりしたレイアウト、普段はカフェ、展示スペースに用いられている。ワークショップや演劇なども行われ、土日にはロック・バンドからアイドル、ジュークまで幅広いジャンルのイベントが開催される。いわば名古屋の新しい文化交流、情報発信の場として機能しているのだ。

続きを読む

【メンフィス留学記】音楽が鳴り止まない通り「Beale St.」、スティービー・ワンダーのライヴ

Pocket

Beale St.の案内板

Beale St.の案内板

10月11日、12日に一泊二日で、ルームメイトの韓国人の子とメンフィスへ行ってきた。住んでいるアパートの近くから、アメリカで大手のバス会社らしいmegabusに乗る。朝から雨でその日のバスは到着が30分も遅れてしまった。これがアメリカらしさか……。

続きを読む

ページ: 1 2

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】1. Kyoto to anywhere.

Pocket

花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠

花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠

今熱い“関西で”活動しているバンドや音楽シーンを紹介している本サイト、初のミュージシャンによる連載記事が始まります。私が連載をお願いしたのはオルタナティブ・ギター・ポップバンド、花泥棒のフロントマン稲本裕太。ついこの前までは京都で活動していたが今年単身上京、その真意については今年8月に本サイトでたっぷり語ってもらいました。

京都に思いを残しながら、先月にはボロフェスタのスタッフとして中枢を担いながら、未だにライブでは「京都から来ました花泥棒です」と言いながら、それでも東京で一旗あげてやろうと意気込む男、稲本裕太。そんな彼に、インタビューに引き続いて自ら奮闘記を綴ってもらおうと依頼しました。“今日から俺東京の人になる のこのこときちまったけど”(by 長渕剛)みたいな泥臭いものでも、“陽はまた昇る この東京砂漠”(by 内山田洋とクール・ファイブ)のような哀愁漂うようなものでもございません。愛らしく飄々と東京都(ヒガシキョウト)の地をサーフ・ライドしようとしている彼の姿をみなさん一緒に追いましょう。(峯 大貴

続きを読む

【メンフィス留学記】アメリカの大型チェーンCD&DVDショップ「f.y.e.」と、音楽に満ちた「メンフィス国際空港」

Pocket

メンフィス国際空港「Welcome to Menphis」

メンフィス国際空港に着くと「Welcome to Menphis」とB.B.Kingが弾くセミ・アコースティック・ギターのイラストが出迎えてくれる。

今回はアメリカの大型チェーンCD&DVDショップ「f.y.e.」とメンフィス国際空港を紹介します。特にメンフィス国際空港はエピフォン・ギターのファンで、ブルース・ミュージックを愛聴しているのであれば、大変おすすめです。写真を数枚撮影したので、アメリカの雰囲気が届いたら幸いです。

続きを読む