カテゴリー : Interview

【インタビュー】紀州ロックインパクト代表・山野丙午(和歌山GATEオーナー)

Pocket

紀州ロックインパクト代表・山野丙午(和歌山GATEオーナー)

紀州ロックインパクト代表・山野丙午(和歌山GATEオーナー)

和歌山県の人口減少が止まらない。2010年に100万人を割り込んで以来、減少し続けている。今年の夏には和歌山市にあった高島屋がまさかの閉店に追い込まれるなど、事態は深刻だ。

そんな和歌山県でも〈紀州ロックインパクト〉(KISHU ROCK IMPACT。以下、KRI)という、ロックフェスティヴァルが開催されるようになった。筆者は和歌山県出身だが、初めてその存在を知ったときは「嘘やろ!?」と驚いたことを覚えている。カラオケボックスの店舗数では全国1位を誇る和歌山県。しかし、ライヴハウスは和歌山市内でも数える程しかなく、1,000人規模でライヴが可能な場所は市民会館を除くと「和歌山ビッグホエール」のみ、という淋しい状況だからだ。そのため和歌山県はロック不毛の地であると思っていた。

今年で4回目を数えるKRI。様々な媒体で紹介記事を度々目にするようになった。しかし、会場である片男波海水浴場へのアクセスの良さなど、ロケーションに関する話題が多く、音楽への本気度についてはいまいち測りかねるところがあった。

年々レジャー化している音楽フェス。興業的に成功し、ブーム拡大を続ける中、音楽への愛情はライト化しているように感じるときもある。かつては音楽ファンにとって夢の場所であったはずの音楽フェスも、乱立しすぎて有り難みが薄くなってしまった。参加者が増加しているわりには、音楽シーンの活性化にはあまりつながっていないといった話も耳にする。そんな最近の音楽フェスブームに対する疑心と、地元である和歌山県に対する複雑な感情をこじらせながら、KRI主催者で県内の数少ないライヴハウスの1つ、「和歌山GATE」のオーナーでもある山野丙午氏に話を聞いた。(取材・文 / 稲垣 有希

続きを読む

ページ: 1 2 3 4

【インタビュー】LINE wanna be Anchors

Pocket

関西の音楽シーンがアツい! そういわれる理由として、このバンドの存在も例外ではないはずだ。そのバンドとはLINE wanna be Anchorsである。彼らの音楽の魅力として歌詞が挙げられる。歌詞に使われている言葉が難しいわけではないのに、それらの言葉が織りなす意味は想像以上に深く、メロディーと合わさるとさらに“繊細さ”を感じさせる。そのメロディーと合うよう緻密に考えられたリズムも魅力で、インディーズでは注目を集めていた。しかし2014年3月、それまで共に活動していたベースとドラムが脱退。そして、長らくサポート・メンバーを加えて活動していた彼らだったが、先日、ベースに大久保寛(ex. 綴)ドラムに龍田一馬(ex. Lop Abuse On Somebody)という“正規メンバー加入”の知らせが舞い込んだ。〈eo MUSIC TRY 2014〉のメインアワードにノミネートされ、さらに〈YOKA Fes. 2014〉の出演も決定。新たな4人でスタートを切ろうとしている彼らの勢いはこれから加速していく。「もう何も失わずに音楽ができる」と語った阿部将也(Vo, G)から発せられる言葉は想像以上にリアルなものだった。大学生でもあり、フロントマンとしてヴォーカルを務める彼が今、何を思い、何を感じているのか。このインタビューから受けとってほしい。(取材・文 / 奥田 みお

続きを読む

ページ: 1 2 3

【インタビュー】花泥棒

Pocket

花泥棒

花泥棒

1960年代から独自の音楽文化が花開く土地、京都。2010年代に入っても全国に向けて様々な音楽を発信し続けている状況は「現代関西音楽帖」でも伝えてきた。4人組オルタナティヴ・ポップ・ロック・バンド、花泥棒も近年の京都シーンを語る上で重要な位置を占めていた。スピッツやホフディランを彷彿とするJ-POPサウンドをオルタナティヴなリフに乗せて、飄々と王道をいく彼らの音楽は、多彩な京都シーンの中でもど真ん中を狙える存在と期待されていた。

昨年にはボロフェスタにも出演し順調な活動と思われた矢先に発表された、オリジナルメンバーであるノズエ(G)、オカザキ(B)の脱退。中心人物である稲本裕太(Vo,G)の単身東京移住。そして京都に残り、関西でのライヴで稲本を支えていた寺田(Dr)の脱退も先ごろ発表され、彼以外のメンバーは募集中という状況になった。京都拠点で音楽活動を続けるミュージシャンも多いこのご時世、敢えて上京ドリームをつかもうとすることを選び、たった一人になってしまった花泥棒。前編成で最後となった初の全国流通作『daydream ep』はそんな脱退の雰囲気を感じさせることなく能天気なまでに甘酸っぱく、全国の夏を彩っている。稲本の求めるポップミュージックとは? 東京の地で話を聞いた。(取材・文 / 峯 大貴

続きを読む

ページ: 1 2 3

【インタビュー】ЯeaL

Pocket

【インタビュー】ЯeaL (リアル・Real) ガールズバンド

ЯeaL (リアル)

めまぐるしい音楽シーンの変遷の中で今、ガールズバンドの勢いが無視できないほどに加速している。SCANDALを筆頭にSilent Siren、SHISHAMOなどがその例だ。ここ関西でもそれは顕著である。“私たちは革命を起こします”、そう言い放つのはメンバー全員がまだ現役高校生の4人組ガールズバンド、ЯeaL(リアル)だ。その人気と実力のほどは7月21日に阿倍野ROCKTOWN(キャパ : 250人)で行った初のワンマンライヴをソールドアウトさせた事実が全てを物語っている。それもデビューや事務所の後ろ盾が何もないにも関わらず成功させたのだから、その勢いのほどがわかるだろう。熱気がまだまだ冷めやらぬ初ワンマンライヴ直後の彼女たちから発せられる言葉に何度も心をもっていかれそうになった。そんなЯeaLの第一声をお届けしよう。(取材・文 / 山本 悟士

続きを読む

ページ: 1 2 3 4 5 6

【インタビュー】日野浩志郎(birdFriend, goat, bonanzas)

Pocket

日野浩志郎(birdFriend, goat, bonanzas)

日野浩志郎(birdFriend, goat, bonanzas)

あなたがとにかく“尖った音楽”を求めているのであれば、日野浩志郎という人物は必ず知っておくべきだ。goat、bonanzasという2つのバンドのリーダーでありYPY名義によるソロ活動、そしてカセットレーベルbirdFriendの主宰者といくつもの顔を自在に操り、関西いや日本の音楽シーンにおいてカンフル剤のような存在となっている。つい先日も8月31日に心斎橋一帯を舞台にした大規模なイベント〈BEST FRIENDS〉の開催を発表したばかりだ。しかし活動が多岐に渡るがゆえにまだまだ謎多き人物でもある。そもそも彼の生み出す音階に縛られることない楽曲たち自体が謎多きものでもある。今回のインタビューはそんな彼の謎を解き明かす大きな手掛かりになったのではないかと思う。(取材・文 / 堀田 慎平)

続きを読む

ページ: 1 2 3

【インタビュー】THE LOST CLUB, 清水隆史(OGRE YOU ASSHOLE, ネオンホール)

Pocket

THE LOST CLUB

THE LOST CLUB

長野の音楽シーンに影響を受け、東京で結成されたエレクトロ・ギター・ポップ・バンドTHE LOST CLUB。ネオ・アコースティック/ポスト・パンクの影響を濃厚に感じさせ、80年代から90年代、そして今の架け橋となりうる音を鳴らす彼らに名古屋でのライヴ終演後にインタヴューした。合わせて現在OGRE YOU ASSHOLEのベーシストであり、長野ネオンホール創設者でもある清水隆史にも話を聞いた。(取材・文 / 森 豊和)

続きを読む

ページ: 1 2 3

【インタビュー】ハリネコ: roOt.

Pocket

ハリネコ: roOt.

ハリネコ
roOt.
SPACE SHOWER MUSIC, 2014年
BUY: Amazon CD

札幌出身のSSW沙知による変幻自在な音楽プロジェクト、ハリネコが初のフル・アルバム『roOt.』を2014年7月16日にリリースし、来る8月1日(金)TSUTAYA O-NESTにてリリース・パーティー・ライヴを行う。共演は、大森靖子&THEピンクトカレフ、白波多カミン+ハジメタル(ex.ミドリ)、そして来来来チームにマモル(nhhmbase)と畠山(H mountains)という豪華な顔ぶれだ。対するハリネコのバンド・メンバーはギターにRyo Hamamoto(moools)、ベースはケイタイモ(WUJA BIN BIN)、シンセサイザー奏者として蓮尾理之(385, THE JETZEJOHNSON, SEAGULL SCREAMING KISS HER KISS HER)、ドラムにとがしひろき(ロア, サンガツ)という鉄壁の布陣。

『POPSを軸としながら、あらゆるジャンルにインプロヴァイゼーションをも取り入れたアートパフォーマンスのような景色観と独自の音楽世界を展開』するというハリネコの主催、沙知に話を聞いた。彼女の半生、そして死生観にまで話は及び、そのなかで革新的でありながらスタンダードなもの、多くの人の日常に寄り添えるものを創ろうとする強い意思をたびたび感じた。(取材・文 / 森 豊和)

続きを読む

ページ: 1 2 3