カテゴリー : Live Review

【ライヴレビュー】outside yoshino、橋本和樹〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉

Pocket

〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉

2月1日 at 京都ネガポジ
〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉
outside yoshino(eastern youth 吉野寿)、橋本和樹(ex.dOPPO, The This Town)

なかなかね、人生思った通りにはいかんですよ。「よし、いこう!」と思って走りだした途端につまづいてコケて、何もかも台無しになんてことも少なく無いように思うんです。
思った通りにね、理想の生き方ってのはあると思うんですよ。こんな風になりたいなっていう夢もあると思うんですよね。だけどそうは問屋が卸さんのですよ。
気が付いたらただただ生きているだけ。昨日からバトンを受けて、ただ今日になって、なんで生きてんだかわかんねえんだけど、とにかく死んでねえから生きてかなきゃなあって思うんですよ。
あの頃はよかったなあなんて思って、あの頃に引き返せるわけじゃないんですよねえ。だからもう、バックギアが無いんです。なあ〜、おい。

2月2日、eastern youthはベーシスト二宮友和が脱退することを発表した。誰もが不動のメンバーだと思い込み、3人の物語は続いていくと考えていただけに、ツイッターをはじめとしてネットでは大きな話題となった。その前日、京都ネガポジで橋本和樹(ex.dOPPO, The This Town)の企画〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉に出演したoutside yoshino(吉野寿)は上記のように語った。

続きを読む

【ライヴレビュー】巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉at 東心斎橋CONPASS

Pocket

巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉

巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉
2015年1月12日at 東心斎橋CONPASS
LIVE: fox capture plan, toconoma
GUEST LIVE: psybava

渋谷にあるライヴハウス、渋谷PLUGの店長である青木氏主催のこのイベント。インストバンド3組が集まり、振り袖姿の人を街でちらほら見かける成人の日、開催された。

ミラーボールの光がフロアをきらきら照らし、爆音でBGMが流れている。そんな中、一番手で登場したのはpsybava。2005年に兵庫県川西市で結成され、5人で編成されたインストバンドである。ラテン、ジャズ、さらにレゲエまで感じさせる曲も。トランペットの音色がより演奏を感動的にさせる。まるでアフリカのサバンナの夕暮れを見ているような感動的で壮大なステージに、psybavaの演奏が終わった時点で、すでにこのライヴを観に来てよかったと思えた。

続きを読む

【ライヴレビュー】りんりんふぇす2014(Gotch、三輪二郎、寺尾紗穂ほか)

Pocket

りんりんふぇす 本秀康デザインのフライヤー

りんりんふぇす2014(Gotch, 三輪二郎, あだち麗三郎クワルテッット, ソケリッサ, 新倉壮朗, 寺尾紗穂)2014年12月7日
本秀康デザインのフライヤー

「君のやることで何も変えられないと、もし言われたとしたって、僕は歌うのをやめない」。ビッグイシューを広めるイベント『りんりんふぇす』のステージでGotchこと後藤正文は宣言する。ギターを休めハーモニカを取り出しながら「一人で作ると女の子の曲ばかりになっちゃう。バンドでは少年性を開放してるから、独りだと、ほら、ハーモニカも上手くはめられなかったり」とも。ビッグイシューはホームレス支援だけでなく、障害者、自閉症、LGBTといった社会的弱者、マイノリティーについて考える記事も豊富だ。ジェンダーや手先の器用さ、バンドに居ることの安心感について後藤が言及したのはそれを意識して? とは考えすぎか。

続きを読む

【ライヴレビュー】自分の心と向き合い、元気をもらった一日 – MINAMI WHEEL 10月12日

Pocket

社会人3年目ともなると、なんとなく仕事もうまくいかなくて人間関係もなんだか微妙、極めつけには失恋。折角の10月の3連休の中日、ついてない今日この頃だけど、いろいろなライヴを見ながら騒ぐのにはもってこいの日だ。

10月の3連休、大阪ミナミでは、FM802が主催する〈MINAMI WHEEL〉(以下、ミナホ) というライヴ・サーキット・イベントが開催される。会場はアメリカ村を中心に、西はおしゃれな南堀江、東は飲み屋街が広がる東心斎橋まで広域に渡る。このような中をお揃いのパスを首から下げたお客さんが昼過ぎから夜の21時過ぎまで、音楽を求めて歩き回る姿はミナホの風物詩の一つである。

続きを読む

【ライヴレビュー】Sugar’s Campaign単独公演〈ネトカノリリパ〉at 大阪Grand Cafe

Pocket

ライブ終わり後のSugar's Campaignの2人

ライブ後のSugar’s Campaignの2人
2014年11月3日 at 大阪Grand Cafe
Sugar’s Campaign単独公演〈ネトカノリリパ〉
Opening Act :水曜日のカンパネラ

本日の会場は、心斎橋にあるGrand Cafeだ。ドリンクチケットと共に手渡されたバースデイカード。そこには、本日の主役であるSugar’s Campaignのイラストと、メジャーデビューの文字。粋なオモテナシに思わずほくそ笑んだ。そして、誕生日に疎くなってからどれ位経つだろうかと思いを巡らした。忙しなくい日々を過ごすことが如何に味気ないモノであるかと思い、誕生日を素直に受け入れていた童心の頃に返った。そう言えば『ネトカノ』を買った時もそうだ。手紙とボールペンが一緒に同封されており、思わず久々に手紙を書いた。

続きを読む

【クロスレビュー】LOSTAGE GUITAR TOUR 2014: 京都ライヴハウス磔磔

Pocket

LOSTAGE GUITAR TOUR 2014

2014年8月21日 at 京都磔磔
LOSTAGE GUITAR TOUR 2014
ゲスト:おとぎ話

言葉に、生活に寄り添う音楽を彼らは鳴らし続ける

夏も終わろうとしていた8月21日、磔磔ではLOSTAGEの新しいアルバム『Guitar』に伴ったツアー「LOSTAGE GUITAR TOUR 2014」が行われていた。ツアー2日目となる今日はおとぎ話を迎えての対バン。音楽性の違いから、この2組が対バンをすると聞いて驚く人もいるかもしれない。しかし、LOSTAGEとおとぎ話は過去に何度か対バンしており、お互いが認め合うほどに相思相愛である。そして、私は今日のライブを観たことで2組にある親和性を感じた。

続きを読む

【ライヴレビュー】tofubeats 『First Album』Release Party: at 心斎橋SUNHALL

Pocket

大阪心斎橋SUNHALL

2014年10月19日 at 大阪心斎橋SUNHALL
tofubeats 『First Album』Release Party

24歳、市外局番078神戸在住トラックメイカーtofubeats。彼が注目を集めたのは今から4年前、オノマトペ大臣と遊びで始めたラジオのために作った「Big Shout It Out」がiTunes Music Storeのダンスチャートで1位を記録したこと。2012年にはオノマトペ大臣と神戸は元町のカラオケボックスで作った「水星」がiTunes総合チャートで1位を記録したことが契機となった。その後の森高千里や藤井隆とのコラボは皆さんのご周知の通りだ。

続きを読む

【ライヴレビュー】京都音楽博覧会2014

Pocket

京都音楽博覧会 in 梅小路公園 2014 入り口

京都音楽博覧会 in 梅小路公園 2014 入り口

自分としては、初めて訪れた”おんぱく”。普段の梅小路公園のほのぼのとした雰囲気とは違い、人で溢れかえるフェスらしい独特の雰囲気。ここではフェスの主旨である新たなアーティストとの出会いを体現していた3組を振り返る。

続きを読む

【ライヴレビュー】LOSTAGE GUITAR TOUR 2014: at 大阪十三FANDANGO

Pocket

LOSTAGE GUITAR TOUR 2014: at 大阪十三FANDANGO

2014年9月18日: at 大阪十三FANDANGO
LOSTAGE GUITAR TOUR 2014

いつからこんなに歌詞が聴き取れるようになったのかな、なんてことを『GUITAR』を聴きながら思った。3人になった頃の変化が如実なのか。ただそれ以前からも、徐々にヴォーカルが”楽器の中の一つ”という体裁ではない鮮明さを得ていたようにも思う。

続きを読む

【ライヴレビュー】なら音 2014

Pocket

〈なら音2014〉のタイムテーブル

なら音2014〉のタイムテーブル

奈良ネバーランドで開催される夏のイベント〈なら音(ならおん)〉。結成して数ヶ月の新人や、全国で活動しているベテラン勢もごちゃ混ぜの、県内で実力のあるアーティストが集結するこのフェスも2014年で8年目。ライヴハウスと、屋外の小さな特設ステージの2カ所ので行われ、屋台の出店、それらの設営、出演者のコメントムービーに至るまで、100%有志で運営しています。早耳リスナーの皆様には是非チェックしていただきたい地元密着型イベントを、地元在住ki-ftライターの視点から、クロスレビューで紹介します。

続きを読む

【ライヴレビュー】完全にノンフィクション: at 扇町para-dice

Pocket

完全にノンフィクション: MUSESSOU COMMUNICATION

完全にノンフィクション
MUSESSOU COMMUNICATION
studio another place, 2014年
BUY: Amazon MP3, iTunesで見る

一年間の活動休止宣言から10ヶ月。活動休止声明文には、「完全にノンフィクションのことですから、また神出鬼没に現れるでしょう」とあったが、その日が訪れた。NUMBER GIRLの系譜を感じるオルタナティヴ・ロックを鳴らす彼らから、2014年7月25日に「MUSESSOU COMMUNICATION」のデジタルリリースと同時に発表された今回のライヴ。対バン形式のイベントだったが、彼らの出番となり場内が暗転すると、沸き上がる歓声。その瞬間から扇町para-diceは、完全にノンフィクションの独壇場と化した。

続きを読む

【ライヴレビュー】SUMMER SONIC 2014 大阪 Day1

Pocket

CircaWaves: サーカ・ウェーヴス EP

Circa Waves
サーカ・ウェーヴス EP
Hostess Entertainment, 2014年
BUY: Amazon CD & MP3, タワーレコード, iTunesで見る

SUMMER SONIC 2014〉大阪の1日目に行ってきた。あいにくの雨模様であったのは確かだが、雨にそんなに当たることなく、おかげで涼しく快適な印象が残った1日だった。サーカ・ウェーヴスから始まり、ロバート・グラスパー・エクスペリメント、Banks、メトロノミー、tofubeats、カサビアンとシッカリ見たのはこの5組だった。ここではその中から予想以上のライヴを見せてくれた3つのアーティストをピックアップしてレポートしようと思う。

続きを読む

【ライヴレビュー】No Kobe Vol.2: at 神戸KOMAYA: Fake Dub Band ft MC Kuuki

Pocket

No Kobe Vol.2: at 神戸KOMAYA

〈No Kobe Vol.2〉 2014年8月23日 at 神戸KOMAYA
Act: Fake Dub Band ft MC Kuuki, O’summer Vacation, フジタコウヘイ, Bumberboom +3

中古レコード屋が徒歩圏内に多数ある神戸のJR元町駅前。その中にRock’n Roll Aidなるレコード屋がある。膨大な音楽知識を持つ魚住店主と話すために常連客が後を絶たない。今回取り上げた〈No Kobe〉は、ここの常連であった子守翔平氏に、店主が話を持ちかけて実現した企画。第2回目も前回と同じく、JR神戸駅にある喫茶店Komayaで行われた。神戸の街に住んでいるお店の常連たちが集まるその光景は、音楽を介した地域の繋がりを体現したアットホームなイベントだ。出演者は、主催者・子守翔平氏のノイズバンドBumberboom +3、大人の哀愁が滲み出るメロディーと歌声のフジタコウヘイによる弾き語り。ベース一本でグッドメロディーとノイズを行き来するO’summer Vacation。そして、Fake Dub Bandの4組。これは単なる近所のパーティーでは終わらないと思い、ここで取り上げた。

続きを読む

【ライヴレビュー】スカート『サイダーの庭』レコ発ライヴ: at 大阪中津HOSHI-JIRUSHI

Pocket

スカート『サイダーの庭』レコ発ライヴ: at 大阪中津HOSHI-JIRUSHI

オープニング・アクトのShin Rizumuとの共演も観られた
スカート『サイダーの庭』レコ発ライヴ: at 大阪中津HOSHI-JIRUSHI

澤部渡のソロプロジェクト、スカートの4thアルバム『サイダーの庭』。大阪でのレコ発ライヴは中津にある「ハワイレコード」が主催だ。会場は今作のジャケットで描かれる儚くも懐かしさを感じる雰囲気をそのまま持ってきたかのように、水色を基調に繊細な装飾がなされている。バーでは今作にちなんだドリンクが販売されていた。普段ならビールといきたいところだが、「庭」と名付けられたノンアルコールドリンクをゴクリ。甘い炭酸が口の中で弾ける。

続きを読む

【ライヴレビュー】フジロック・フェスティバル 2014

Pocket

〈フジロック・フェスティバル 2014〉入場ゲート

〈フジロック・フェスティバル 2014〉入場ゲート

2014年7月25日から27日まで、新潟県苗場スキー場にて開催された〈フジロック・フェスティバル 2014〉のライヴレビューをクロスレビュー(複数名によるライヴレビュー)形式で掲載します。以下、イベントの詳細です。

公演名:フジロック・フェスティバル 2014
日時:2014年7月25日、26日、27日
場所:新潟県湯沢町三国202 苗場スキー場
出演:フランツ・フェルディナンド、ワイルド・ビースツ、ボンベイ・バイシクル・クラブ、ジャングル、ディスクロージャー、ウルフルズ、ザ・ルミニアーズ、アーケイド・ファイア、ザ・ルースターズ、ジャック・ジョンソン、ザ・フレーミング・リップスほか

続きを読む