カテゴリー : Disc Review

【レビュー】平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に / 江の島』

Pocket

平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に / 江の島』

平賀さち枝ホームカミングス
白い光の朝に / 江の島(7inch)
SECOND ROYAL, 2015年
BUY: SECOND ROYAL

モータウン風のリズム、躍動感あふれるホームカミングスの伴奏を得て、平賀さち枝の歌がより伸びやかに表現されている。それは表題曲だけなく、平賀の持ち歌の再録音であるB面曲でも同じだ。

そのB面曲「江の島」から私は、同じくモータウン・ビートを応用した曲、DODDODO「猫がニャ~て、犬がワンッ!」を連想した(YouTube)。同曲にはneco眠るが二階堂和美を迎えて録音したカヴァーも存在する(YouTube)。元は打ち込み中心で作られたものを、neco眠るがバンド演奏し、二階堂が歌うことによって新たな魅力が生まれている。あるミュージシャンが作った曲に、気の合う仲間が手を加えることでお互いの魅力を増幅し合う光景が聴こえてくる。その点でこの2曲は成り立ちが似ている。

続きを読む

【レビュー】none but air [at the vanishing point]『S.T.』

Pocket

none but air [at the vanishing point]『S.T.』

none but air [at the vanishing point]
S.T.
Further Platonic Records, 2015年
BUY: タワーレコード

どうでもいい話だが、私は高校時代から森博嗣の小説を愛読していて、講演会の為だけに名古屋大学の学園祭に行くほど傾倒していた。にもかかわらず、バンド名が『スカイ・クロラ』シリーズの『ナ・バ・テア』(の英語表記)に由来することに、長い間気付かなかった。自己嫌悪が止まらない私のことはさておき。京都の激情ハードコア・バンドnone but air [at the vanishing point]のセルフ・タイトルEPからは、その名の由来と同じ空気感を感じた。

続きを読む

【レビュー】Homecomings『Somehow, Somewhere』

Pocket

Homecomings『Somehow, Somewhere』

Homecomings
Somehow, Somewhere
Second Royal / felicity, 2014年
BUY: Amazon CD&MP3, タワーレコード, iTunesで見る

先行曲「GREAT ESCAPE」は、リズム隊が前面に出て、重心を落としテンポもゆっくり、パンクを通過した後の80年代ポップス、その最良の瞬間を再現したかのようだった。彼らの音楽は決して過剰にならず隙間を大切に扱っている。以前から影響を公言するザ・スミスではなく、むしろプリンスやシンディー・ローパー等を連想させた。

続きを読む

【レビュー】CARD『LUCKY ME』

Pocket

CARD『LUCKY ME』

CARD
LUCKY ME
STIFF SLACK, 2015年
BUY: STIFF SLACK, Amazon CD, タワーレコード

“心地の良い曖昧さ”。そんな言葉が似合う作品だ。サウンドや歌声、歌詞に至るまで淡い色彩で描かれた抽象画のごとく、はっきりとした形ではあらわす事が出来ない良さがにじみ出ている。その作品こそCARDの2nd アルバム『LUCKY ME』である。

続きを読む

【レビュー】Trupa Trupa『HEADACHE』

Pocket

Trupa Trupa(Photo by Michał Szlaga)

Trupa Trupa(Photo by Michał Szlaga)
メンバー(L→R)Rafał Wojczal – keyboard, guitar / Grzegorz Kwiatkowski – guitar, vocal / Tomek Pawluczuk – drums / Wojciech Juchniewicz – bass, guitar, vocal

キーボードを含む編成の4ピース・バンドTrupa Trupaを聴いて、彼らの母国ポーランドの長きに渡る苦難の歴史を想起した。ホロコーストを例に挙げるまでもなく戦争と国家存亡の危機の繰り返し。淡々と耐え忍ぶようなヴァースから一転エモーショナルなコーラス、時折聴かせる劇的な展開といった曲調にそれは反映されているのかもしれない。一聴、それはニルヴァーナを始めとするグランジ・ロックからの影響のようにも聞こえる。

続きを読む

【レビュー】リツコ「1st DEMO」

Pocket

リツコ「1st DEMO」

リツコ
1st DEMO
自主制作, 2014年
BUY: HOOK UP RECORDS、ライヴ物販ほか

危機感。先進国でありながら日本でまともに英語を話すことができる人間はごく僅かなのはもはや自明の理であり、洋楽に対する興味の低下はおろか歌詞の意味さえ理解していない者がほとんどだ。海外には目も向けず、国内ではいわゆるJ-POPやルックスだけのアイドル・ビジネスが氾濫し、新たな才能の芽が摘まれている。まさに音楽鎖国、ガラパゴス化した島国だ。一方で京都ではHAPPYやThe Foglands、Homecomingsといった洋楽志向のバンドが音を鳴らし、まさしくインディーなシーンが形成されている。それはこの地で結成されたリツコのこのデモ音源にも顕在している。しかし、彼女たちの歌はシームレスに音の隔たりをなくすかのように、京都の音楽シーンを飛び越えてここまで届いてくるのだ。

続きを読む

【レビュー】YPY『LTFT Syndrome』

Pocket

YPY『LTFT Syndrome』

YPY
LTFT Syndrome
BirdFriend, 2014年
BUY: BirdFriend

2013年にHEADZより『NEW GAMES』をリリースし、2014年には京都メトロで行われたアート・リンゼイの来日公演や味園ユニバースで行われたROVO主催「MAN DRIVE TRANCE2014」などの大舞台でも多くの観客に驚きを与えたgoat。

そんなgoatそしてbonanzasの中心メンバーである日野浩志郎のソロ名義であるYPYによる新作が自身のレーベル「birdFriend」よりリリースされた。YPY名義の音源としてはハイハットの音色とサンプラーのバグを利用し徹底してミニマルにつくりあげられた『LIMITED DIVISION#1』の印象が強烈だが、本作『LTFT Syndrome』はアンビエントやハウスの要素を強く含んでおり何より過去に日野浩志郎が発表してきた作品と比較し“踊れる”作品となっているのが印象的である。

続きを読む

【個人による3枚】ベストディスク2014

Pocket

【個人による3枚】ベストディスク2014

【個人による3枚】ベストディスク2014

【ki-ftレビュアーによる】関西音楽ベストディスク2014」に続き、「【個人による3枚】ベストディスク2014」を発表します。邦洋メジャーインディー問わず、2014年にリリースされた中から、印象に残ったおすすめのアルバム3枚を選んでもらいました。

続きを読む

ページ: 1 2 3

【ki-ftレビュアーによる】関西音楽ベストディスク2014

Pocket

関西音楽ベストディスク2014

関西音楽ベストディスク2014

音楽評論家として活躍する岡村詩野が講師を務める〈音楽ライター講座in京都〉の参加者で作る、関西拠点の音楽メディア/レビューサイト「キフト」を2014年6月にスタートし、半年が過ぎました。無料電子書籍『現代関西音楽帖』や当サイトでは“関西音楽”を中心にレビューやインタビューを行っていますが、「関西音楽ベストディスク2014」を発表します。関西を拠点とするアーティストやミュージシャン、近畿地方に縁のある音楽作品を講座生で選び、2014年を代表する10枚と、次点作品5枚をお届けします。

続きを読む

ページ: 1 2

【レビュー】Hi, how are you?『さまぁ~ぎふと』

Pocket

Hi, how are you?『さまぁ~ぎふと』

Hi, how are you?
さまぁ~ぎふと
ROSE RECORDS, 2014年
BUY: Amazon CD, タワーレコード, iTunesで見る

鍵盤ハーモニカってやや高音の音がでる。それが清涼感と切なくてどこか懐かしいサウンドを奏でる。原田晃行のギター弾き語りの上を浮遊する馬渕モモの鍵盤ハーモニカを聞いてそう思った。本作は、この京都の大学生2人による夏の思い出を表現した1枚。曲名や歌詞は夏をキーワードにした言葉が並ぶ。

続きを読む

【レビュー】THE FULL TEENZ『魔法はとけた』

Pocket

THE FULL TEENZ『魔法はとけた』

THE FULL TEENZ
魔法はとけた
生き埋めレコーズ, 2014年
BUY: JET SET

彼らは音楽を“リブログ”する。現実で、そして途方もないインターネットの海で見かけたフェイバリット・ミュージックを、誰よりも速いスピードでスクレイピングし、音に重ねてゆく。

京都在住、20代前半の3人バンドTHE FULL TEENZは僕よりも10ほど歳が離れているのであるが、自分と同世代バンドと活動方法が異なり、それが実に新しく見える。my letterもインタビューで応えていたが、30代のハードコアパンク・バンド、あるいはDIY精神を掲げて行動した音楽家たちは、現場を中心に考え、それこそリアルにつながりを求めた。音楽性も大変近いところにあり、リスナーたちもそれを好む者が多かったはずだ。ファンジンやテープまたはレコードでリリースするなど、行動には芯そのものが太く、シーンが結成されていった。一方でTHE FULL TEENZは制約を求めず、フリーキーに音楽をやっているように見える。

続きを読む

【レビュー】Vampillia『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』

Pocket

Vampillia『my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness』

Vampillia
my beautiful twisted nightmares in aurora rainbow darkness
Virgin Babylon Records, 2014年
BUY: Amazon CD, タワーレコード, iTunesで見る

清廉さと禍々しさとが行き来するところに美しさを感じる。そんな美意識を仮定し、私は勝手に共感している。大阪の10人(?)編成“ブルータル・オーケストラ”Vampillia。初めてライヴを観た際すぐに音源を求めたが、演奏された曲が全く製品化されておらず愕然としたもの。アルセストの招聘をはじめ、魅力的な企画を多々開催してくれたおかげで、私はこの2・3年、彼らを観る機会に何度も恵まれた。その間ずっと演奏されていた曲が、やっと手元に。

続きを読む

【レビュー】中村佳穂『口うつしロマンス』

Pocket

中村佳穂『口うつしロマンス』

中村佳穂
『口うつしロマンス』
studioSIMPO, 2014年
BUY: studioSIMPO

ある日、ツイッターにてくるりの岸田繁が京都のSTUDIO SIMPOに行った事を呟いていた。その際、そこで録音されたあるアーティストに対して“良かった”と呟いており、気になった僕は試しにその音源を聴いてみた。ピアノの音がどんどん加速をつけて走り出し、そのサウンドが最高速になった瞬間〈重なり合う手をとって 僕らは命を確かめ合うのさ〉と力強い歌声が僕の心を奪っていった。しばらく呆気にとられた後、CDを買ったのは言うまでもない。それが中村佳穂との出会いであった。

続きを読む

【レビュー】DENIMS『NEWTOWN』

Pocket

DENIMS『NEWTOWN』

DENIMS
NEWTOWN
自主制作, 2014年
BUY: FLAKE RECORDS, ライヴハウスほか

大阪が誇る最高のパーティーバンド、それがDENIMSだ。2012年の終わり頃、元AWAYOKUBAのメンバー3人に岡本悠亮(G, Key)が加わり、大阪は堺で結成。ゆるりとした雰囲気から繰り出されるDENIMSサウンドは、結成から今までライヴに軸足を置いてきたからこそ、彼らの音楽はどんな状況も一瞬にして自分たちの空間に変えてしまう求心力を持っている。そんな彼らが数々のデモ音源を経て、2014年8月24日に、自主制作ながら1st EP『NEWTOWN』をようやくリリース。ほどよい脱力感と、キラリとエッジを効かせたテクニックを絶妙なバランスで配合された、彼ららしい名刺代わりの一枚になっている。

続きを読む

【レビュー】my letter『my letter』

Pocket

my letter『1st album - my letter』

my letter
my letter
& records, 2014年
BUY: Amazon CD & MP3, タワーレコード, iTunesで見る

京都の男女4人組、my letterのファースト・アルバムを聴きながら夜の道を歩いた。このレコードはなぜこんなに心地が良かったのか、それは私の思考を日常の情報の回線から、ぷっつりと遮断したからだ。

続きを読む