【メンフィス留学記】音楽が鳴り止まない通り「Beale St.」、スティービー・ワンダーのライヴ

Column
Pocket

メンフィスのギブソン
メンフィスのギブソン

Gibsonの工場でギター造りの工程を見学する

2日目はGibsonへ向かう。ここではギターを作っている工場を見学できる。昨日、Rock ‘n’ Soul Museumを訪れる前に立ち寄った時点で、その日の予約は全部埋まってしまっており見学出来なかったため、昨日予約をしておき、今日朝イチで見学。どうやら土日は人気らしいので、訪れる際は予約をお忘れなく。残念ながら工場内の写真撮影は禁止だったため、見学の様子をアップすることはできないが、一本、一枚の木から始まり、削ったり曲げたりして一本のギターになっていく過程を、担当の方が案内してくれる。工場内の湿度、温度やヘッドの角度が決まっていたりと、ギターを弾けない私でもかなり興味深い内容だった。土日は工場内で作業している人がいないので、それが残念だった。

メンフィスのギブソン工場外観
メンフィスのギブソン工場外観
メンフィスのギブソン店内
メンフィスのギブソン店内
メンフィスのギブソン ギターとアンプ
メンフィスのギブソン ギターとアンプ
メンフィスのギブソン ギターとアンプ
メンフィスのギブソン ギターとアンプ
メンフィスのギブソン 巨大ギター
メンフィスのギブソン 巨大ギター
メンフィスのギブソン 展示
メンフィスのギブソン 展示
メンフィスのギブソン 展示
メンフィスのギブソン 展示

B.B.KING’S BLUES CLUBでBlind Mississippi Morrisの演奏と食事を楽しむ

次にBeale St.の入口にどーんと店を構える、B.B.KINGの経営するB.B.KING’S BLUES CLUBへ。この店では1日に約3回行われるライブを観ながら食事をすることができる。私たちが入店して約30分後、Blind Mississippi Morrisの演奏が始まった。美味しいご飯を食べながらの生演奏。贅沢すぎる。この2日間、いろいろな所へ行ったが、ここが1番良かったかもしれない。食事の代金だけで、ライブを観れるなんて。かなりオススメ。もう一回行きたい。

B.B.KING'S BLUES CLUB
早朝のB.B.KING’S BLUES CLUB
夜のB.B.KING'S BLUES CLUB
夜のB.B.KING’S BLUES CLUB
夜のB.B.KING'S BLUES CLUBとビールストリート
夜のB.B.KING’S BLUES CLUBとビールストリート
B.B.KING'S BLUES CLUB店内
B.B.KING’S BLUES CLUB店内
B.B.KING'S BLUES CLUB店内では食事も可能
B.B.KING’S BLUES CLUB店内では食事も可能
B.B.KING'S BLUES CLUB店内では生演奏もあり
B.B.KING’S BLUES CLUB店内では生演奏もあり
B.B.KING'S BLUES CLUB店内
B.B.KING’S BLUES CLUB店内はB.B.キングだらけ!
B.B.KING'S BLUES CLUB店内
B.B.KING’S BLUES CLUB店内

メンフィスでライヴを観ると陽気な気分になる!

たった2日間だったが、沢山の音楽に関する場所に行けてとても幸せだったし、日本ではできない良い経験ができた。特にスティービー・ワンダーのコンサートのときも、Blind Mississippi Morrisのライヴのときでも、周りの人が座ってようが大人しく聴いてようがそんなこと御構い無しに、踊り始める場面が衝撃的だったし、音楽を聴くと自然と踊り出してしまうという陽気さは素敵だなと思った。次回メンフィスを訪れるときには、今回時間が無くて行けなかったStax MuseumSun Studioに是非とも行きたい。

Column
【関西ヴィジュアル系シーンを読む 】第5回KANSAI ROCK SUMMIT’19に見る、関西V系シーンの今

5月12日(日)、大阪心斎橋アメリカ村で大規模なヴィジュアル系(以下V系)のイベント、〈KANSAI …

Column
杉山慧、明日はどうなるのか。〜その4〜

神戸在住、普段はCDショップ店員として働く杉山による連載企画の第二回。タイトルは神戸在住の音楽ライタ …

Column
ミュージック マラソン くるり全曲解説への道 Vol.001「東京」

気づけば走り出していた。そんなふうに、ふいに流れてきた音楽にガツンと心はもとより体まで動かされた、そ …