【インタビュー】ЯeaL

Pocket

例えば気持ちやったりとか、決意やったりとか、全部を音に変えてぶつけるのがうちらやと思うし。

──みなさん高校生ですが、いろんな夢があると思うんです。例えば、女の子だったらファッションとか。なぜ音楽で革命を起こしたいんですか? 何がЯeaLをその気持ちにさせるんですか?

Ryoko : 逆に言ったら音楽しかないんですよ。

Aika : うん、音楽しか残ってないよね。

Ryoko : Fumihaは? 今音楽やめたら何する?

Fumiha : 今やめたら大学行かなあかんよな勉強して。バンド以外夢ないもん別に。

Ryoko : 現実的やな(笑)。4人ともなんですけど音楽しかないっていうか、バンドでこうやってやることしか考えてないっていうか。

Yurika : 理由としてはそれぞれ個人的にいっぱい思いもあるとは思うけど。

Ryoko : まとめて言うとこれしかないっていうか、逆にこれがなくなったらほんとになくなってしまうよな。

Aika : ニート。

Ryoko : 間違いない(笑)。

Yurika : これしてなかったらどうしてるやろって思う。

──他に興味のあることは?

Ryoko : 昔はいっぱいありましたけど、今はほんとにこれしかないなっていうか、逆に音楽がいいなって思いますね。

──それはなぜですか?

Ryoko : いろんな人に触れたからやと思います。初めはギターを持つのも嫌やったし、バンドで歌うのも嫌やったんですけど、いろんな人に出会って、企画して、ワンマンして、そうやってファンの顔を見てたら、私は一生この顔を見続けたいなって、心から思うので。それは他でも見れるんかもしれんけど、バンドとして、ЯeaLとしてずっと見ていきたいなって思うし、何かを表現していたいっていうか。

──何かというと?

Ryoko : 例えば気持ちやったりとか、決意やったりとか、全部を音に変えてぶつけるのがうちらやと思うし。これ以外のこと考えられないっていうか。寝ても覚めても音楽、寝ても覚めてもЯeaLですね。

Aika : 予定もЯeaLばっかりです。

Ryoko : ヤバいよな(笑)。

Yurika : そう! 一ヶ月の予定何から組むってЯeaLのスタジオから組むし(笑)。

Ryoko : 学校の次ЯeaLで、それからバイトやったりとか遊ぶ予定とか(笑)。

Yurika : 遊びはほぼないけどね。もうほぼЯeaLЯeaLЯeaLЯeaLあれ? みたいな(笑)。でもそれが日常やし。

Ryoko : 逆にЯeaLで埋まらんかったほうが「え、なんか大丈夫なん?」みたいな。

Yurika : 一週間会わんかったら久しぶりみたいな(笑)。

Fumiha : 二ヶ月くらいぶりに感じる。

Yurika : うん、なる! Yurikaのスタジオ入ってくるテンション(笑)。「久しぶりー!!!」(笑)

Ryoko : 一週間会わんかっただけでさЯeaLなんちゃらの再会みたいな(笑)。

Yurika : 感動の再会とかつぶやく(笑)。

Yurika : たかが一週間、二週間やであのときは。二週間会ってなかったらもう二年会ってない気分。

Aika : テスト期間やったしな。

Ryoko : オーストラリア行っとったしな。

──オーストラリアに行って何か影響を受けましたか?

Ryoko : ギター買って帰りましたね。

Aika : おみやげはくれへんかったけど。

Ryoko : ギター代で100円ぐらいしか残ってなかった。でもなんか日々の悩みがちっぽけやなって思いましたね。例えば歌上手くないわとか、ギター上手くならへん、どうしようって悩んどったんですけど。すごい広いビーチに行ったんですよ。ゴールドコーストかな。行ったら360度海やって広くて。

Fumiha : それ死ぬで。

Ryoko : なんかわかる? 太平洋じゃないわ境界線が見えてんねん。

Fumiha : 後ろ見てみ、死ぬで。

Ryoko : 溺れてるわけじゃない(笑)。

Yurika : 180度ぐらいにしとこか?

Ryoko : そやな、180度(笑)。ほんま境界線が見えてたっていうか、そういう海で静かにおったらなんかアホみたいやなって。例えばこのバンドで10年、20年続けていくんやったら今のこんな悩みなんかちっぽけやし。人生って長いじゃないですか? 何を悩んでんねやって思いましたよね。

──なるほど。

Ryoko : 外国人が優しい! フレンドリー!

Yurika : そうなんや!

Ryoko : なんかな顔によくわからんもん描いとってん、アボリジニ(オーストラリアの先住民族)のアートみたいなん。「You are crazy!」って言われて「Oh!」みたいな感じ。

Yurika : 「You are crazy!」って「あなたは狂ってる」って言われてるやんこいつ(笑)。

Ryoko : しかも笑いながら「あなたは狂ってる」って言われたから「ありがとう!」みたいな会話をしとった(笑)。しかもどこのエレベーター行っても言われんねん「Oh!」みたいな(笑)。

Fumiha : それバカにされてんで。

Aika : ありがとうじゃないで。

Yurika : ヤバいね、もう顔からクレイジーが伝わってるっていう。

Author Profile

山本 悟士音楽ライター
1993年生まれ、滋賀県在住。薬学生。大学では細胞生物学について研究。演劇団体に所属し、表現の場を拡大。取材・執筆依頼はihsotas0505@gmail.comまで。
1 2 3 4 5 6