Live Info
Pocket

今年も〈KANSAI ROCK SUMMIT’19〉が5月12日(日)に大阪で開催される。〈ロクサミ〉の通称で親しまれているこのイベントは、京都の老舗ヴィジュアル系レーベル〈CROW MUSIC〉が主催する関西最大規模のサーキットイベントで、いわゆる〈MINAMI WHEEL〉や〈見放題〉のヴィジュアル系版と言えよう。2014年に第1回目が開催されて以降、毎年5月になると、全国から、主にインディーズ・シーンで活動するヴィジュアル系バンドが、心斎橋に集結する。


6年目をむかえた今年は、会場に、近辺のライブハウスの中では、特に収容数の多いBIGCATが加わり、出演アーティストも過去最多の72組で、例年以上の盛り上がりを見せることは間違いない。というか、断言する。今年の〈ロクサミ〉は、数年後、「2019年はとりわけ熱かった。このメンツがいっぺんに出ていたなんて」と、語り継がれることになると。

今、関西では、今後のヴィジュアル系シーンで、ひと暴れするであろうバンドがいくつも活動している。〈Rides In ReVellion〉や〈ビバラッシュ〉は、関西だけでなくシーン全体を見渡しても、ぐんぐん知名度を上げているし、〈甘い暴力〉と〈ザアザア〉は、昨年開催したツーマンライブツアーでソールドアウト公演を続出させ、まさに、現在の関西シーンの両雄といえる存在だ。他にも、本格的なデスコアサウンドで、メタルシーンや、海外からも注目を浴びる〈DEVILOOF〉や、2018年に活動を始動した〈虹彩☆RaveL〉、〈空想ノベル〉や、2019年結成の〈JE:NOVA〉ら、新勢力にも期待が高まる。また、それらの、活気ある関西勢に加えて、関西以外からも、ヴーカリストがギター、ピアノ、バイオリンまでこなすことで話題の〈AIOLIN〉や、JAPAN EXPO等、海外でのコンベンションイベントにも出演経験のある〈ミウラアイム〉など、今、波にのっているバンド、アーティストらが、この〈ロクサミ〉には、多数参加する。

本サイトでも、過去に何度か取り上げ、お伝えしたように、〈ロクサミ〉の存在は、すでに、関西シーンの活性化という面で、大変重要な役割を担っているが、これほどのメンツが集まる今年は、関西だけでなく、ヴィジュアル系シーン全体に強い影響力を持つこととなるだろう。

 

関連記事
KANSAI ROCK SUMMIT’17 EXPLOSION CIRCUIT レポート

http://ki-ft.com/column/kansai-rock-summit-2017-explosion-circuit/

KANSAI ROCK SUMMIT’16 EXPLOSION CIRCUIT でのTHE BLACK SWANとグリーヴァについて

http://ki-ft.com/live/kansai-rock-summit-2016/

2016年関西ヴィジュアル系シーンを紐解く

http://ki-ft.com/column/kansai-visual-band-scene-history/


会場:BIG CAT、OSAKA MUSE、SUNHALL
CLAPPER、hillsパン工場、SHOVEL、AMERICA-MURA FANJ-twice、SUNHALL Ai-華龍アウトストア会場

日時:5月12日(日) open 11:30/start 12:00

出演:アンドゥー / Initial’L / umbrella / WING WORKS / EviLA / L.A bate / えんそく / 怪人二十面奏 / GARAK’S / GzNDLH / ギルド / ギャロ / 空想ノベル / 虹彩☆RaveL / 極彩G12 / 午前零時。/ SAVAGE / ザアザア / SHIVA / CieLGraVE / JE:NOVA / ジグソウ / JACK+MW / Jin-Machine / ストロベリーソングオーケストラ / Smileberry / ZENSAI BOYS【HIRO(FEST VAINQUEUR),公佑(LEZARD)】 / ZON / タソガレニ鳴ク。/ David / DARRELL / CHOKE / てんさい。/ ディレット / DEVILOOF / DEXCORE / NETH PRIERE CAIN / HAKLO / Vagu*Project / ballad / ビバラッシュ / フシアナ / Free Aqua Butterfly / BlacK TeaR / B’LAIVE / ヘルタースケルター / BabyKingdom / The Benjamin / Houts / mama. / マチルダ / マルコ / ミウラアイム / MICBAM / MEIDARA / MEME / Rides In ReVellion / LAVANS / ラガディ / LOVE LOCK / LapLus / ラミヤ / 蘭 / 蘭図 / LANTANA / Leetspeak monsters / 麗麗

チケット:イープラスhttps://eplus.jp/sf/detail/2836380001-P0030001

料金:前売¥5,800 / 当日¥6,300(税込・1D¥600別)

CROW MUSIC http://crowmusic.jp/category/liveevent/

Live Info
ki-ft編集部が推す7月のライヴ

関西には山のようにライヴハウスがあって日々、様々なバンドがライヴをやっています。しかしこれだけ多いと …

Live Info
ki-ft編集部が推す2018年6月のライヴ

関西には山のようにライヴハウスがあって日々、様々なバンドがライヴをやっています。しかしこれだけ多いと …

Live Info
ki-ft編集部が推す2018年5月のライヴ

関西には山のようにライヴハウスがあって日々、様々なバンドがライヴをやっています。しかしこれだけ多いと …