【レビュー】平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に / 江の島』

Pocket

平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に / 江の島』

平賀さち枝ホームカミングス
白い光の朝に / 江の島(7inch)
SECOND ROYAL, 2015年
BUY: SECOND ROYAL

モータウン風のリズム、躍動感あふれるホームカミングスの伴奏を得て、平賀さち枝の歌がより伸びやかに表現されている。それは表題曲だけなく、平賀の持ち歌の再録音であるB面曲でも同じだ。

そのB面曲「江の島」から私は、同じくモータウン・ビートを応用した曲、DODDODO「猫がニャ~て、犬がワンッ!」を連想した(YouTube)。同曲にはneco眠るが二階堂和美を迎えて録音したカヴァーも存在する(YouTube)。元は打ち込み中心で作られたものを、neco眠るがバンド演奏し、二階堂が歌うことによって新たな魅力が生まれている。あるミュージシャンが作った曲に、気の合う仲間が手を加えることでお互いの魅力を増幅し合う光景が聴こえてくる。その点でこの2曲は成り立ちが似ている。

続きを読む

【レビュー】none but air [at the vanishing point]『S.T.』

Pocket

none but air [at the vanishing point]『S.T.』

none but air [at the vanishing point]
S.T.
Further Platonic Records, 2015年
BUY: タワーレコード

どうでもいい話だが、私は高校時代から森博嗣の小説を愛読していて、講演会の為だけに名古屋大学の学園祭に行くほど傾倒していた。にもかかわらず、バンド名が『スカイ・クロラ』シリーズの『ナ・バ・テア』(の英語表記)に由来することに、長い間気付かなかった。自己嫌悪が止まらない私のことはさておき。京都の激情ハードコア・バンドnone but air [at the vanishing point]のセルフ・タイトルEPからは、その名の由来と同じ空気感を感じた。

続きを読む

【レビュー】Homecomings『Somehow, Somewhere』

Pocket

Homecomings『Somehow, Somewhere』

Homecomings
Somehow, Somewhere
Second Royal / felicity, 2014年
BUY: Amazon CD&MP3, タワーレコード, iTunesで見る

先行曲「GREAT ESCAPE」は、リズム隊が前面に出て、重心を落としテンポもゆっくり、パンクを通過した後の80年代ポップス、その最良の瞬間を再現したかのようだった。彼らの音楽は決して過剰にならず隙間を大切に扱っている。以前から影響を公言するザ・スミスではなく、むしろプリンスやシンディー・ローパー等を連想させた。

続きを読む

【レビュー】CARD『LUCKY ME』

Pocket

CARD『LUCKY ME』

CARD
LUCKY ME
STIFF SLACK, 2015年
BUY: STIFF SLACK, Amazon CD, タワーレコード

“心地の良い曖昧さ”。そんな言葉が似合う作品だ。サウンドや歌声、歌詞に至るまで淡い色彩で描かれた抽象画のごとく、はっきりとした形ではあらわす事が出来ない良さがにじみ出ている。その作品こそCARDの2nd アルバム『LUCKY ME』である。

続きを読む

【コラム】BELONGが関西期待の若手を集めた初イベント〈Make It Scene Vol.1〉を開催!

Pocket

Roots Rock MediaをコンセプトにフリーマガジンとWebを連動させた音楽メディア『BELONG』

Roots Rock MediaをコンセプトにフリーマガジンとWebを連動させた音楽メディア『BELONG』

「シーンを作る!」だなんて、そんな思い切りのいいこと一度は言ってみたい。時代が動く瞬間ほどエキサイティングなものはないから。音楽でも演劇でもスポーツでも、どんな表現分野、エンターティメントであれ同じ。

〈Make It Scene Vol.1〉。関西発のフリー・ペーパー/ウェブ・マガジン『BELONG』が2015年5月23日(土)LIVE SPACE CONPASSにて開催するイベントのことだ。これまでHAPPY、The fin.といった関西発の新鋭をいち早く紹介するだけでなく、Yogee New WavesやFor Tracy Hydeといった関東のニューカマーもピック・アップしてきた『BELONG』は、自らを“ルーツ・ロック・メディア”と名乗るように、現行ミュージシャンだけでなく、ルーツとなった過去の優れた音楽にも熱い視線を注ぎ続けている。時代・国にとらわれず、よい音楽はよい! 全てが並列になった今だからこその、まさに温故知新なポスト・インターネット時代のメディアだ。

続きを読む

【コラム】〈第三回 京都レコード祭り〉開催決定! 名物店主もやってきます。

Pocket

第三回 京都レコード祭り

第三回 京都レコード祭り

2015年も〈レコード・ストア・デイ〉の開催が決定しているが(今年は4月18日)、その翌月、5月16日(土)、17日(日)にかけては〈第三回 京都レコード祭り〉も開催される。『100000t アローントコ』、『ART ROCK NO.1』といった京都市の人気中古レコード・ショップの店主らの呼びかけによる独自の催しだ。

続きを読む

【ライヴレビュー】CHIODOS JAPAN TOUR 2015 at 大阪心斎橋OSAKA MUSE

Pocket

CHIODOS JAPAN TOUR 2015 at 大阪心斎橋OSAKA MUSE

CHIODOS JAPAN TOUR 2015
2015年2月8日 at 大阪心斎橋OSAKA MUSE

Craigにはどこまでもドキドキさせられる。鬼気迫る表情で歌い終えた途端にハニかむのがいちいち可愛い。大柄な30男だが男性でもそう思ったと断言しよう。ただ勿論そんな話だけじゃない。

2000年代スクリーモ/ポスト・ハードコア・シーンの一翼を担ったミシガンの6人組Chiodos(チオドス)。これを圧倒的なカリスマ性で率いたのがCraig Owens(Vo)だ。曲構成の変態さが際立つ1st、妖しく演劇的な2ndで人気は盤石に。しかしなんと、カリスマは強制脱退させられる。共倒れではと危ぶまれる中、Craigはエモ界隈の猛者を集めDestroy Rebuild Until God Shows(以下D.R.U.G.S.)を結成したが、2012年に復帰。ファンは大いに歓迎した。

続きを読む

【ライヴレビュー】リツコ “ミラーボール/弱いアイデンティティ” release party!

Pocket

リツコ

リツコ “ミラーボール/弱いアイデンティティ” release party!
2014年11月25日 at 京都二条GROWLY
LIVE: リツコ、Francisco Xaviers、J-Seeds、Cettia(meets ピクミン.from GRIKO)、YOU MUST SEE I、AFRICA

町のサイズの割に大学が多くひしめき合う町、京都。それも影響してかバンドを始める者も多く、音楽さえあれば大学間の垣根も気兼ねなく越えられるラフさがある。また、くるりの轍を歩くように全国を見ても稀有などこかいなたいシーンが形成されている地でもある。リツコはSSWとして着実に京都での地盤を築いてきたミサト(Vo, G)がヴォーカルを務めるなどメンバーそれぞれが別の活動をしながらも結成されたガールズ・バンドだ。そんな彼女たちの初の音源のレコ発ライヴが京都は二条の住宅街にひっそりと佇む京都GROWLYで行われた。

続きを読む

【コラム】〈京音 -KYOTO- Vol.01〉 Homecomings, DENIMS, she said, Seuss

Pocket

homecomings

〈京音(きょうと) -KYOTO- Vol.01〉に出演するhomecomings

京都に限らず学生は金が無いが、暇は余りある。限りあるお金で多くのライヴに行きたい。一方、バンドマンは金も無ければバイトで暇も無い。限りある時間だから有意義なイベントに出たい。そんな双方の希望をマッチさせる格好のライヴ・イベントが立ち上がったので紹介する。

その名もずばり〈京音 -KYOTO-〉。このイベントは事前申し込み制で入場無料、ドリンク代500円のみ! 記念すべき第1回は2015年4月22日(水)に京都METROで開催される。気になる出演者は、今や全国区の存在となったガール・ヴォーカルの和製ジャングリー・ポップHomecomingsを始め、大阪が誇る最高のパーティー・バンドDENIMS、京都のトゥイー・ガール・ポップshe said、どこか懐かしくとろけるような京都のサイケデリアSeussと期待の若手が名を連ねている。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】3. 冷え性

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】3. 冷え性

大学に入ったぐらいのころから冷え性がひどい。それ以前と比べて冬場の手足の先が冷えて仕方なくなった。もちろんあったかくしていれば普段と変わらないのだけど、それ以外のときは常に手足を氷水につっこんでいるような感じだ。そのせいで冬はぐんと出不精になってしまう。さらに、京都の冬は寒かった。盆地ゆえ夏は暑く冬は寒い、字面で見るといまいちぴんとこないが実際は修行かと思うぐらいにきつく、ひたすら耐え忍ぶ日々に冬眠する動物がうらやましかった。

続きを読む

【ライヴレビュー】outside yoshino、橋本和樹〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉

Pocket

〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉

2月1日 at 京都ネガポジ
〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉
outside yoshino(eastern youth 吉野寿)、橋本和樹(ex.dOPPO, The This Town)

なかなかね、人生思った通りにはいかんですよ。「よし、いこう!」と思って走りだした途端につまづいてコケて、何もかも台無しになんてことも少なく無いように思うんです。
思った通りにね、理想の生き方ってのはあると思うんですよ。こんな風になりたいなっていう夢もあると思うんですよね。だけどそうは問屋が卸さんのですよ。
気が付いたらただただ生きているだけ。昨日からバトンを受けて、ただ今日になって、なんで生きてんだかわかんねえんだけど、とにかく死んでねえから生きてかなきゃなあって思うんですよ。
あの頃はよかったなあなんて思って、あの頃に引き返せるわけじゃないんですよねえ。だからもう、バックギアが無いんです。なあ〜、おい。

2月2日、eastern youthはベーシスト二宮友和が脱退することを発表した。誰もが不動のメンバーだと思い込み、3人の物語は続いていくと考えていただけに、ツイッターをはじめとしてネットでは大きな話題となった。その前日、京都ネガポジで橋本和樹(ex.dOPPO, The This Town)の企画〈歌の番外地 kyoto 2015 ~うたと麦のよる~〉に出演したoutside yoshino(吉野寿)は上記のように語った。

続きを読む

【ライヴレビュー】巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉at 東心斎橋CONPASS

Pocket

巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉

巡音彩祭presents〈fox capture plan×toconoma〉
2015年1月12日at 東心斎橋CONPASS
LIVE: fox capture plan, toconoma
GUEST LIVE: psybava

渋谷にあるライヴハウス、渋谷PLUGの店長である青木氏主催のこのイベント。インストバンド3組が集まり、振り袖姿の人を街でちらほら見かける成人の日、開催された。

ミラーボールの光がフロアをきらきら照らし、爆音でBGMが流れている。そんな中、一番手で登場したのはpsybava。2005年に兵庫県川西市で結成され、5人で編成されたインストバンドである。ラテン、ジャズ、さらにレゲエまで感じさせる曲も。トランペットの音色がより演奏を感動的にさせる。まるでアフリカのサバンナの夕暮れを見ているような感動的で壮大なステージに、psybavaの演奏が終わった時点で、すでにこのライヴを観に来てよかったと思えた。

続きを読む

【レビュー】Trupa Trupa『HEADACHE』

Pocket

Trupa Trupa(Photo by Michał Szlaga)

Trupa Trupa(Photo by Michał Szlaga)
メンバー(L→R)Rafał Wojczal – keyboard, guitar / Grzegorz Kwiatkowski – guitar, vocal / Tomek Pawluczuk – drums / Wojciech Juchniewicz – bass, guitar, vocal

キーボードを含む編成の4ピース・バンドTrupa Trupaを聴いて、彼らの母国ポーランドの長きに渡る苦難の歴史を想起した。ホロコーストを例に挙げるまでもなく戦争と国家存亡の危機の繰り返し。淡々と耐え忍ぶようなヴァースから一転エモーショナルなコーラス、時折聴かせる劇的な展開といった曲調にそれは反映されているのかもしれない。一聴、それはニルヴァーナを始めとするグランジ・ロックからの影響のようにも聞こえる。

続きを読む

【コラム】ティーンエイジ・ファンクラブとベル・アンド・セバスチャン – 先輩の仕打ちと下心が僕をグラスゴーへと誘ったのだ!

Pocket

Teenage Fanclub『GRAND PRIX』

Teenage Fanclub
GRAND PRIX
MCAビクター/Creation, 1995年
BUY: Amazon CD, タワーレコード

音楽評論家・岡村詩野が講師を務める「音楽ライター講座in京都」は2012年にスタートし、第三期を迎えました。2015年はテーマを設け、課題に取り組んでいます。1月から4月にかけて、『ローカルシーンを考察する』と題し、地域音楽について掘り下げながら、講義を進めている最中です。

2月15日は「英国グラスゴーやエジンバラなどスコットランド周辺の音楽シーンについて」という内容です。僕をはじめとする30代以上の方はもちろん、20代の洋楽リスナーやミュージシャンたちは、何かしらの影響を受けているのではないでしょうか。本コラムでは、講座で触れるであろうティーンエイジ・ファンクラブとベル・アンド・セバスチャンについて、「先輩の仕打ちと下心が僕をグラスゴーへと誘ったのだ」という理由を解説しつつ、少しだけ紐解いていきたいと思います。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

大きく間隔が空いてしまった。かくかくしかじかで、どうしても更新できないなと感じていたためなのだが、理由については割愛!(すいません)

そうこうしている間に2014年は過ぎた。たくさん素敵な音楽が生まれた1年だったと思うのだけど、自分がその中にいれなかったことが何よりくやしく歯がゆい1年間だった。すごく前向きに捉えれば、バンドやりてえ! という根源的な気持ちに改めて触れることができたのかもだけど。義務みたいなものがバンドやる理由になるのはちょっと違うかなと思うし、2015年は楽しいこと・やりたいことをたくさんやれたらいいなーと思う。

続きを読む