タグ : ジョセフ・アルフ・ポルカ

【コラム】名古屋栄、矢場町のフリー・スペース「spazio rita(スパジオ・リタ)」

Pocket

名古屋栄、矢場町のフリー・スペース「spazio rita(スパジオ・リタ)」でのApple Lightによるライヴ

名古屋栄、矢場町のフリー・スペース「spazio rita(スパジオ・リタ)」でのApple Lightによるライヴ

京都から新幹線でわずか30分、名古屋においてもインディー・ミュージシャンの親密なコミュニティーが形成されている。近年新たにtigerMossukida dramasCRUNCHHUSH、トゥラリカ、MILKジョセフ・アルフ・ポルカとその後輩バンドであるムーンといった具合に個性的なアクトが現れてきている。鶴舞K.Djaponのようなおなじみの箱に加え、飲み屋にPA機材を備え付けた新栄きてみてや、雑貨屋2階を活用した大須サイノメのような手頃なライヴ・ヴェニューが増えている点も京都と似ている。

特に本稿では、栄に新しくできたspazio ritaについてふれたい。地下鉄矢場町から徒歩5分、ビル地下で天井の高い、白を基調にすっきりしたレイアウト、普段はカフェ、展示スペースに用いられている。ワークショップや演劇なども行われ、土日にはロック・バンドからアイドル、ジュークまで幅広いジャンルのイベントが開催される。いわば名古屋の新しい文化交流、情報発信の場として機能しているのだ。

続きを読む

ジョセフ・アルフ・ポルカ: 天声人語

Pocket

ジョセフ・アルフ・ポルカ: 天声人語

ジョセフ・アルフ・ポルカ
天声人語
自主制作, 2014年
BUY: FILE-UNDER, disk union, iTunes

CD-Rをカー・ステレオに流し込んだとたん、彼らを育んだ長久手の平原が目の前に広がる。冒頭のニュー・ウェイヴな疾走ナンバー「虫のしらせ」で勇ましい音色のキーボードを弾きながら、てんしんくんは“僕は決してヒーローじゃないけど、みんなで息を合わせて音を出せば何かが始まりそうな気がする”という内容を歌う。彼らは愛知県立芸術大学で結成された4人組ロック・バンド。USインディーに影響された、ローファイでゆるく壊れたような音を鳴らす。ときに狂気をはらんだ演奏は、ドアーズをカヴァーする“たま”、あるいはフジファブリックをバックに歌う坂本慎太郎 とでも例えたい。

続きを読む