タグ : 花泥棒

【ライヴレビュー】ボロフェスタ2016 at KBSホール

Pocket

KBSホールで行われたボロフェスタ2016

KBSホールで行われたボロフェスタ2016

ボロフェスタ祝15周年! 2002年に京都の若者4人が手弁当で始めたローカルフェスが、今年もKBSホールで開催された。15年経って主催者4人もアラフォー、そのキャリアは四方に散った。飯田仁一郎はLimited Express (has gone?)を率いながら、音楽配信サイトOTOTOYもリアル脱出ゲームのSCRAPも運営、ミュージシャン・マインドでビジネスの世界もサーフライドしている。ゆーきゃんは京都を出て行って地元富山に帰ったが毎年ボロフェスタにはいる相変わらずの存在。二条のライヴハウスnano店長のMC土龍は京都音楽シーンのアニキ的存在に。そしてもう一人の加藤隆生(ロボピッチャー)はボロフェスタを離れてしまってしばらく経ち、すっかりSCRAPの代表・ゲームクリエイターとして時代の寵児となった。

続きを読む

【インタビュー】花泥棒の稲本裕太に聞く最新作『Yesterday and more』とボロフェスタ

Pocket

花泥棒のフロントマン稲本裕太

花泥棒のフロントマン稲本裕太

京都出身、今は東京在住の花泥棒のフロントマン稲本裕太(Vo, G)。前回ki-ftで話を聞いたのは2014年8月。当時は前体制最後の作品『daydream ep』を発表、たった一人で上京し、まさにゼロからのスタートという時の取材となりバンド結成時から上京に至った心境を聞いた。そこからちょうど2年、バンド体制を確立させ制作しついに『Yesterday and more』を発表。本作についてはすでにレビューが上がっているのでそちらを参照していただきたい。今回はそんな新作の話はもちろん、現体制への考えや〈ボロフェスタ〉についてなど、8月の暑い中、新宿まで自転車をころがして来た稲本に大っぴらに話してもらった。(インタビュー:峯 大貴

続きを読む

【レビュー】フレッシュ&ポップな熱量を感じるリスタート作 | 花泥棒『Yesterday and more』

Pocket

花泥棒『Yesterday and more』

花泥棒
Yesterday and more
Cotton Club, 2016年
BUY: Amazon CD, タワーレコード

京都のバンド、花泥棒。2014年にフロントマン稲本裕太(Vo,G)以外のメンバーが全員脱退、単身夢を追い求めこの東京砂漠に流れ着いたが早くも3年目。今日の京都シーンの充実を見ると上京ドリームなど偉大なる勘違いヤローなのかもしれない。事実東京上京後はまずメンバー探しから始まり、ようやくのことでイラミナタカヒロ(Ba/ex sukida dramas)がジョイン。下北沢THREEでの主催イベント〈DOWN TOWN〉を始め、定期的にライヴを出来る環境を整ったのは比較的最近だろう。本作はようやく届いた東京移住後初音源となる5曲入りのEP。ここには「渚」に代表されるような京都時代のJ-POPな甘酸っぱさも、上京後の模索期間に一時期顕著になっていたファズがかった荒々しいローファイな面もマイルドにブレンドされた、東京でついに一旗あげる準備の整った花泥棒がここにいる!

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】5. Bigmouth strikes again

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】5. Bigmouth strikes again

ようやくというかさすがにというか、東京での生活も落ち着きだした。お金なさすぎて死にそうということもバンドやれなさすぎて精神衛生上よくないということもなく、割としっかり日々を過ごしている。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】4. ピース

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】4. ピース

少しさかのぼるけど、ホステス・クラブ・ウィークエンダーでベル・アンド・セバスチャンのライヴを見た。春の日の公園を散歩しているようなほほえましい空気も、恋しているときのような高鳴りも両方ある、手をつないだ若い男女がゆっくり年月をかけて老夫婦になっていく様を見ているような素晴らしいライヴだった。ベスト・アルバム的な新旧織り交ぜた選曲だったこともそう感じた原因かもしれない。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】3. 冷え性

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】3. 冷え性

大学に入ったぐらいのころから冷え性がひどい。それ以前と比べて冬場の手足の先が冷えて仕方なくなった。もちろんあったかくしていれば普段と変わらないのだけど、それ以外のときは常に手足を氷水につっこんでいるような感じだ。そのせいで冬はぐんと出不精になってしまう。さらに、京都の冬は寒かった。盆地ゆえ夏は暑く冬は寒い、字面で見るといまいちぴんとこないが実際は修行かと思うぐらいにきつく、ひたすら耐え忍ぶ日々に冬眠する動物がうらやましかった。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

Pocket

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】2. かくかくしかじか

大きく間隔が空いてしまった。かくかくしかじかで、どうしても更新できないなと感じていたためなのだが、理由については割愛!(すいません)

そうこうしている間に2014年は過ぎた。たくさん素敵な音楽が生まれた1年だったと思うのだけど、自分がその中にいれなかったことが何よりくやしく歯がゆい1年間だった。すごく前向きに捉えれば、バンドやりてえ! という根源的な気持ちに改めて触れることができたのかもだけど。義務みたいなものがバンドやる理由になるのはちょっと違うかなと思うし、2015年は楽しいこと・やりたいことをたくさんやれたらいいなーと思う。

続きを読む

【花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠】1. Kyoto to anywhere.

Pocket

花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠

花泥棒 稲本裕太のザ・東京砂漠

今熱い“関西で”活動しているバンドや音楽シーンを紹介している本サイト、初のミュージシャンによる連載記事が始まります。私が連載をお願いしたのはオルタナティブ・ギター・ポップバンド、花泥棒のフロントマン稲本裕太。ついこの前までは京都で活動していたが今年単身上京、その真意については今年8月に本サイトでたっぷり語ってもらいました。

京都に思いを残しながら、先月にはボロフェスタのスタッフとして中枢を担いながら、未だにライブでは「京都から来ました花泥棒です」と言いながら、それでも東京で一旗あげてやろうと意気込む男、稲本裕太。そんな彼に、インタビューに引き続いて自ら奮闘記を綴ってもらおうと依頼しました。“今日から俺東京の人になる のこのこときちまったけど”(by 長渕剛)みたいな泥臭いものでも、“陽はまた昇る この東京砂漠”(by 内山田洋とクール・ファイブ)のような哀愁漂うようなものでもございません。愛らしく飄々と東京都(ヒガシキョウト)の地をサーフ・ライドしようとしている彼の姿をみなさん一緒に追いましょう。(峯 大貴

続きを読む

【インタビュー】花泥棒

Pocket

花泥棒

花泥棒

1960年代から独自の音楽文化が花開く土地、京都。2010年代に入っても全国に向けて様々な音楽を発信し続けている状況は「現代関西音楽帖」でも伝えてきた。4人組オルタナティヴ・ポップ・ロック・バンド、花泥棒も近年の京都シーンを語る上で重要な位置を占めていた。スピッツやホフディランを彷彿とするJ-POPサウンドをオルタナティヴなリフに乗せて、飄々と王道をいく彼らの音楽は、多彩な京都シーンの中でもど真ん中を狙える存在と期待されていた。

昨年にはボロフェスタにも出演し順調な活動と思われた矢先に発表された、オリジナルメンバーであるノズエ(G)、オカザキ(B)の脱退。中心人物である稲本裕太(Vo,G)の単身東京移住。そして京都に残り、関西でのライヴで稲本を支えていた寺田(Dr)の脱退も先ごろ発表され、彼以外のメンバーは募集中という状況になった。京都拠点で音楽活動を続けるミュージシャンも多いこのご時世、敢えて上京ドリームをつかもうとすることを選び、たった一人になってしまった花泥棒。前編成で最後となった初の全国流通作『daydream ep』はそんな脱退の雰囲気を感じさせることなく能天気なまでに甘酸っぱく、全国の夏を彩っている。稲本の求めるポップミュージックとは? 東京の地で話を聞いた。(取材・文 / 峯 大貴

続きを読む

ページ: 1 2 3

見放題2014: ライヴ・クロスレビュー

Pocket

見放題2014ウェブサイトより

見放題2014ウェブサイトより

2014年7月5日に大阪アメリカ村周辺のライブハウス、カフェ、イベントスペースで開催された街中ロックフェスティバル〈見放題2014〉のクロスレビュー(複数名によるライヴレビュー)を掲載します。以下、イベントの詳細です。

公演名:見放題2014(みほうだい にせんじゅうよん)
日時:2014年7月5日 12時オープン、13時スタート、22時終演
場所:BIGCAT、OSAKA MUSE、Pangeaなど大阪ミナミ周辺のライブハウス
出演:QOOLAND、ジラフポット、リバ-シブル吉岡、ENTHRALLS、THE MAN、金 佑龍と京都界隈、THE ORAL CIGARETTES、HAPPY、Lyu:Lyu、Suck a Stew Dry、Shiggy Jr.、ふぇのたす、花泥棒、宇宙コンビニ、GOING UNDER GROUND、GOOD WARP、楽団 象のダンス、夜の本気ダンス、最終少女ひかさ、(M)otocompoほか120組

続きを読む

ページ: 1 2