タグ : Homecomings

【ライヴレビュー】ボロフェスタ2016 at KBSホール

Pocket

KBSホールで行われたボロフェスタ2016

KBSホールで行われたボロフェスタ2016

ボロフェスタ祝15周年! 2002年に京都の若者4人が手弁当で始めたローカルフェスが、今年もKBSホールで開催された。15年経って主催者4人もアラフォー、そのキャリアは四方に散った。飯田仁一郎はLimited Express (has gone?)を率いながら、音楽配信サイトOTOTOYもリアル脱出ゲームのSCRAPも運営、ミュージシャン・マインドでビジネスの世界もサーフライドしている。ゆーきゃんは京都を出て行って地元富山に帰ったが毎年ボロフェスタにはいる相変わらずの存在。二条のライヴハウスnano店長のMC土龍は京都音楽シーンのアニキ的存在に。そしてもう一人の加藤隆生(ロボピッチャー)はボロフェスタを離れてしまってしばらく経ち、すっかりSCRAPの代表・ゲームクリエイターとして時代の寵児となった。

続きを読む

【ライヴレビュー】ボロフェスタ2015

Pocket

ボロフェスタ2015 KBSホール入口前の手作りタイムテーブルパネル

ボロフェスタ2015 KBSホール入口前の手作りタイムテーブルパネル

京都の秋の風物詩といえば〈ボロフェスタ〉が思いつく。ミュージシャンやライヴハウスオーナーなどが中心となって、ボランティアスタッフが集まり、DIYで会場を作り出していく様は、一般的な音楽フェスティバルとの大きな違いだ。そして家に帰ってきたような錯覚。アットホームで情熱的な音が鳴り止まない3日間。2015年も京都KBSホールとMETROで行われ、渋さ知らズオーケストラ、くるり、在日ファンク、never young beachなどが出演。ki-ftのライター2名が当日の様子をレポートする。

続きを読む

【レビュー】平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に / 江の島』

Pocket

平賀さち枝とホームカミングス『白い光の朝に / 江の島』

平賀さち枝ホームカミングス
白い光の朝に / 江の島(7inch)
SECOND ROYAL, 2015年
BUY: SECOND ROYAL

モータウン風のリズム、躍動感あふれるホームカミングスの伴奏を得て、平賀さち枝の歌がより伸びやかに表現されている。それは表題曲だけなく、平賀の持ち歌の再録音であるB面曲でも同じだ。

そのB面曲「江の島」から私は、同じくモータウン・ビートを応用した曲、DODDODO「猫がニャ~て、犬がワンッ!」を連想した(YouTube)。同曲にはneco眠るが二階堂和美を迎えて録音したカヴァーも存在する(YouTube)。元は打ち込み中心で作られたものを、neco眠るがバンド演奏し、二階堂が歌うことによって新たな魅力が生まれている。あるミュージシャンが作った曲に、気の合う仲間が手を加えることでお互いの魅力を増幅し合う光景が聴こえてくる。その点でこの2曲は成り立ちが似ている。

続きを読む

【レビュー】Homecomings『Somehow, Somewhere』

Pocket

Homecomings『Somehow, Somewhere』

Homecomings
Somehow, Somewhere
Second Royal / felicity, 2014年
BUY: Amazon CD&MP3, タワーレコード, iTunesで見る

先行曲「GREAT ESCAPE」は、リズム隊が前面に出て、重心を落としテンポもゆっくり、パンクを通過した後の80年代ポップス、その最良の瞬間を再現したかのようだった。彼らの音楽は決して過剰にならず隙間を大切に扱っている。以前から影響を公言するザ・スミスではなく、むしろプリンスやシンディー・ローパー等を連想させた。

続きを読む

【コラム】〈京音 -KYOTO- Vol.01〉 Homecomings, DENIMS, she said, Seuss

Pocket

homecomings

〈京音(きょうと) -KYOTO- Vol.01〉に出演するhomecomings

京都に限らず学生は金が無いが、暇は余りある。限りあるお金で多くのライヴに行きたい。一方、バンドマンは金も無ければバイトで暇も無い。限りある時間だから有意義なイベントに出たい。そんな双方の希望をマッチさせる格好のライヴ・イベントが立ち上がったので紹介する。

その名もずばり〈京音 -KYOTO-〉。このイベントは事前申し込み制で入場無料、ドリンク代500円のみ! 記念すべき第1回は2015年4月22日(水)に京都METROで開催される。気になる出演者は、今や全国区の存在となったガール・ヴォーカルの和製ジャングリー・ポップHomecomingsを始め、大阪が誇る最高のパーティー・バンドDENIMS、京都のトゥイー・ガール・ポップshe said、どこか懐かしくとろけるような京都のサイケデリアSeussと期待の若手が名を連ねている。

続きを読む