タグ : 本日休演

現在関西音楽帖【第4回】~PICK UP NEW DISC REVIEW~

Pocket

“よりフットワーク軽く、より定期的、よりリアルタイムに音源作品をレビューしようという、延長線かつスピンオフとなる企画”「現在関西音楽帖」は第4回目の更新。今回はプププランド『Wake Up & The Light My Fire』、THE BOSSS『おとうふ』、大槻美奈『MIND』、中井大介『somewhere』、YeYe『ひと』、踊る!ディスコ室町『新しいNEWネオ室町』、V.A.『From Here To Another Place』を取り上げる。「現在関西音楽帖【第1回】~PICK UP NEW DISC REVIEW~」「現在関西音楽帖【第2回】~PICK UP NEW DISC REVIEW~」「現在関西音楽帖【第3回】~PICK UP NEW DISC REVIEW~」と合わせて読んで頂きたい。

続きを読む

【レビュー】クリエイター集団が生んだ今の京都を体現するポップアルバム | 渚のベートーベンズ『フルーツパーラーミュージック』

Pocket

渚のベートーベンズ『フルーツパーラーミュージック』

渚のベートーベンズ
フルーツパーラーミュージック
思い出レコード, 2015年
BUY: Amazon CD&MP3, タワーレコード, iTunesで見る

まるで町屋を改築したコワーキングスペースやシェアハウスに集うクリエイター達のようにそれぞれの特色を希釈も折衷もさせずに同居させているかのようだ。小さい街、少ない人数で入れ替わり立ち替わりにエイジレス、ジャンルレスな無法地帯的なコラボが繰り返されることで、びっくりするような音楽が生まれ続けているのが2010年代に入っての京都の印象である。

続きを読む

【ki-ftレビュアーによる】関西音楽ベストディスク2014

Pocket

関西音楽ベストディスク2014

関西音楽ベストディスク2014

音楽評論家として活躍する岡村詩野が講師を務める〈音楽ライター講座in京都〉の参加者で作る、関西拠点の音楽メディア/レビューサイト「キフト」を2014年6月にスタートし、半年が過ぎました。無料電子書籍『現代関西音楽帖』や当サイトでは“関西音楽”を中心にレビューやインタビューを行っていますが、「関西音楽ベストディスク2014」を発表します。関西を拠点とするアーティストやミュージシャン、近畿地方に縁のある音楽作品を講座生で選び、2014年を代表する10枚と、次点作品5枚をお届けします。

続きを読む

ページ: 1 2

本日休演『本日休演』

Pocket

本日休演『本日休演』

本日休演
本日休演
ミロクレコーズ, 2014年
BUY: Amazon CD, タワーレコード

京都の音楽が盛り上がる要因として日本一大学生がいる街であるということも大きいが、ついに西日本で最も「かしこ」が集まる京都大学からも新たな才能が登場。故・どんとも所属していた軽音楽部に現役生として籍を置くそのバンドが本日休演である。初音源となる自主制作による本作ではオタク的に様々な音楽を抱擁した音色・メロディに加えて、クレバーなニヒリズムによるユーモア、そしてなにより60年代のフォーク・ブルース文化に始まり連綿と続く京都音楽の風を感じるのである。

続きを読む