タグ : 紀州ロックインパクト

【インタビュー】紀州ロックインパクト代表・山野丙午(和歌山GATEオーナー)

Pocket

紀州ロックインパクト代表・山野丙午(和歌山GATEオーナー)

紀州ロックインパクト代表・山野丙午(和歌山GATEオーナー)

和歌山県の人口減少が止まらない。2010年に100万人を割り込んで以来、減少し続けている。今年の夏には和歌山市にあった高島屋がまさかの閉店に追い込まれるなど、事態は深刻だ。

そんな和歌山県でも〈紀州ロックインパクト〉(KISHU ROCK IMPACT。以下、KRI)という、ロックフェスティヴァルが開催されるようになった。筆者は和歌山県出身だが、初めてその存在を知ったときは「嘘やろ!?」と驚いたことを覚えている。カラオケボックスの店舗数では全国1位を誇る和歌山県。しかし、ライヴハウスは和歌山市内でも数える程しかなく、1,000人規模でライヴが可能な場所は市民会館を除くと「和歌山ビッグホエール」のみ、という淋しい状況だからだ。そのため和歌山県はロック不毛の地であると思っていた。

今年で4回目を数えるKRI。様々な媒体で紹介記事を度々目にするようになった。しかし、会場である片男波海水浴場へのアクセスの良さなど、ロケーションに関する話題が多く、音楽への本気度についてはいまいち測りかねるところがあった。

年々レジャー化している音楽フェス。興業的に成功し、ブーム拡大を続ける中、音楽への愛情はライト化しているように感じるときもある。かつては音楽ファンにとって夢の場所であったはずの音楽フェスも、乱立しすぎて有り難みが薄くなってしまった。参加者が増加しているわりには、音楽シーンの活性化にはあまりつながっていないといった話も耳にする。そんな最近の音楽フェスブームに対する疑心と、地元である和歌山県に対する複雑な感情をこじらせながら、KRI主催者で県内の数少ないライヴハウスの1つ、「和歌山GATE」のオーナーでもある山野丙午氏に話を聞いた。(取材・文 / 稲垣 有希

続きを読む

ページ: 1 2 3 4