タグ : 三輪二郎

【ライヴレビュー】りんりんふぇす2014(Gotch、三輪二郎、寺尾紗穂ほか)

Pocket

りんりんふぇす 本秀康デザインのフライヤー

りんりんふぇす2014(Gotch, 三輪二郎, あだち麗三郎クワルテッット, ソケリッサ, 新倉壮朗, 寺尾紗穂)2014年12月7日
本秀康デザインのフライヤー

「君のやることで何も変えられないと、もし言われたとしたって、僕は歌うのをやめない」。ビッグイシューを広めるイベント『りんりんふぇす』のステージでGotchこと後藤正文は宣言する。ギターを休めハーモニカを取り出しながら「一人で作ると女の子の曲ばかりになっちゃう。バンドでは少年性を開放してるから、独りだと、ほら、ハーモニカも上手くはめられなかったり」とも。ビッグイシューはホームレス支援だけでなく、障害者、自閉症、LGBTといった社会的弱者、マイノリティーについて考える記事も豊富だ。ジェンダーや手先の器用さ、バンドに居ることの安心感について後藤が言及したのはそれを意識して? とは考えすぎか。

続きを読む

【個人による3枚】ベストディスク2014

Pocket

【個人による3枚】ベストディスク2014

【個人による3枚】ベストディスク2014

【ki-ftレビュアーによる】関西音楽ベストディスク2014」に続き、「【個人による3枚】ベストディスク2014」を発表します。邦洋メジャーインディー問わず、2014年にリリースされた中から、印象に残ったおすすめのアルバム3枚を選んでもらいました。

続きを読む

ページ: 1 2 3

三輪二郎: Ⅲ

Pocket

三輪二郎: Ⅲ

三輪二郎

マイベスト!レコード, 2014年
BUY: Amazon CD, disk union

京都拾得で前野健太の弾き語りを観た。感極まり悶えるように激しく歌いながら、終演後に話すと丁寧で穏やかな物腰に驚いた。高田渡、井上陽水から、サニーデイ・サービスに至るまで、日本のブルース、カントリー、フォーク・ロックには、静かな演奏の内に狂気、激情、ユーモアが共存している。前野の盟友であるSSW三輪二郎もきっと同じ類いの表現者だろう。

続きを読む